メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

団員3人、新たな「顔」に 専属オペラ歌手、声楽アンサンブル /滋賀

 寒さも緩み、ようやく春の陽気となってきました。<びわ湖ホール声楽アンサンブル>も新メンバーを迎えて新年度が始まりました。

 びわ湖ホール声楽アンサンブルは、全国から厳しいオーディションを経て選ばれた若手の声楽家16人で構成する、びわ湖ホールの専属オペラ歌手です。オペラ公演や演奏会を自らプロデュースする「創造する劇場」として歩み続けてきたびわ湖ホール。その創造活動の核として開館以来さまざまな公演に出演してきました。

 この4月からは、ソプラノに脇阪法子(わきさかのりこ)、アルトに阿部奈緒(あべなお)、そしてバスには平欣史(たいらよしふみ)と、3人の新団員が加わり、これからびわ湖ホールの「顔」として共に活動していきます。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文653文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. 東京都が3回目の時短要請発表 不要不急の外出自粛も イート「利用控えて」

  3. 菅首相「ほぼゼロ回答」 桜を見る会で責任回避答弁に終始 衆参予算委集中審議

  4. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです