メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

オペラ指揮者の仕事とは 若手育成、セミナー受講生募集 /滋賀

 オペラの指揮者の仕事とはどんなものでしょうか? 普段の公演では客席からはよく見えない、オーケストラピットの中で繰り広げられている指揮者とオーケストラ団員とのやり取りをご覧いただける公開セミナーを開催します。

 若手指揮者の育成を目的としてびわ湖ホールが開催する「オペラ指揮者セミナー」。びわ湖ホール芸術監督の沼尻竜典が講師を務め、オペラ指揮のノウハウを全国から集まった受講生に教えるというもの。2日目からはオーケストラが入り、3日目の最終日には成果発表を行います。若き才能が切磋琢磨(せっさたくま)する姿を「聴講生」のみなさんも客席からご覧いただけます。

 このセミナーでは特別にオーケストラピット内部を舞台上に再現。指揮の様子をリアルタイムで投影する巨大スクリーンもあり、オーケストラの奏者と同じ目線で指揮者を見ることができます。

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロンビア国防相がコロナで死去 上智大院修了、在日大使館で勤務

  2. 新型コロナ ワクチン接種、即時把握 市町村と医療機関連携 新システム

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです