メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

二塚氏がいないオペラ界 突然の死、受け入れられない /滋賀

 信じられないし、信じたくないことであるが、<びわ湖ホール四大テノール>の一人、二塚直紀さんが亡くなった。43歳だった。最近声の安定感も音楽的充実度も増し、「さあこれから!」というところでの突然の死。誰もがまだこの状況を受け入れられないでいる。

 葬儀は中止になった「近江の春・びわ湖クラシック音楽祭」で、彼が「ジャンニ・スキッキ」のリヌッチョ役を歌っていたはずの時間と重なった。新型コロナウイルスの感染拡大に対する緊急事態宣言の下、県外から駆けつけられない関係者のため、葬儀の模様はごく近い人たちに限ってライブ配信され、私も画面に見入りながら、「これは四大テノールお得意のコントなんだ。お経が始まってチーンと鐘が鳴った瞬間に、二塚さんは自分で棺(ひつぎ)の蓋(ふた)を破って飛び出し、歌い出すのだろう」と最後の最後まで期待したが、そんなオチにはならなかった。

 コロナの収束とともに、「二塚直紀がいないオペラ界」が始まる。それはどんなに寂しいものだろうか。(芸術監督 沼尻竜典)

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです