メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~42~「フィルハーモニー」という言葉

2015年に開場したPhilharmonie de Paris(フィラルモニー・ドゥ・パリ)の大ホール (C)W. Beaucardet

[PR]

山田治生

 「フィルハーモニー」とは、「愛する」を表すギリシャ語の接頭語「フィル」と「調和、和音」を表す「ハーモニー」を結合させた言葉。通常、「音楽を愛すること」を意味する。

 歌劇場を除いて常設のオーケストラがほとんどなかった19世紀初頭、「フィルハーモニー協会」と呼ばれる音楽愛好団体がオーケストラを編成し、コンサートを催すことがしばしばあった。サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー協会は、ベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」を初演し、ロンドン・フィルハーモニー協会(現在のロイヤル・フィルハーモニー協会)はベートーヴェンに交響曲第9番を、メンデルスゾーンに交響曲第4番「イタリア」を委嘱した。

 1842年に、ウィーンとニューヨークで新たなオーケストラの始まりとなる動きがあった。3月28日、オットー・ニコライがウィーン宮廷歌劇場管弦楽団(全メンバー)とともに「フィルハーモニー・アカデミー」と呼ばれるコンサートをひらいた。それがウィーン宮廷歌劇場(現在の国立歌劇場)管弦楽団のメンバーによる自主運営のオーケストラ、ウィーン・フィルの起源となった。一方、ニューヨークでは、「フィルハーモニック・ソサイエティ・オブ・ニューヨーク」が発足。アメリカで3番目に古いフィルハーモニー協会だったという。その音楽愛好団体は、器楽の普及を目的としていた。

 ベルリン・フィルが結成されたのは1882年。「フィルハーモニカ―」は興行主による命名だった。チェコ・フィルは、1896年1月にチェコ・フィルハーモニー協会が催したプラハの国民劇場管弦楽団のコンサートを第1回公演としている。

 アメリカの伝統あるメジャー・オーケストラのなかでフィルハーモニックを名乗る団体は少ない。ニューヨーク・フィルのほかには、1919年に結成されたロサンゼルス・フィルがあるくらいだろうか。

 近年は、ホールを指す言葉として「フィルハーモニー」が用いられることも少なくない。最も有名なベルリンのフィルハーモニーは、ベルリン・フィルの結成とともに建設されたが、第二次世界大戦で破壊され、1963年に現在のものに生まれ変わった。ドイツでは、ケルンやミュンヘンのコンサートホールも「フィルハーモニー」という。最近では、パリのコンサートホールが「Philharmonie de Paris(フィラルモニー・ドゥ・パリ)」(2015年開場)と命名され、ハンブルクのエルベ川沿いの新しいコンサートホールは「Elbphilharmonie(エルプフィルハーモニー)」(2017年開場)と呼ばれる。後者ではそこを本拠地とするオーケストラがNDR交響楽団(北ドイツ放送交響楽団)からNDRエルプフィルハーモニー管弦楽団に改名した。

筆者プロフィル

 山田 治生(やまだ はるお) 音楽評論家。1964年、京都市生まれ。87年、慶応義塾大学経済学部卒業。90年から音楽に関する執筆を行っている。著書に、小澤征爾の評伝である「音楽の旅人」「トスカニーニ」「いまどきのクラシック音楽の愉しみ方」、編著書に「オペラガイド130選」「戦後のオペラ」「バロック・オペラ」などがある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです