メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

レーヴェを歌う35年前の小さな演奏会 現代を照射する黒い棺=梅津時比古

音楽の友ホールで歌う佐藤征一郎=2019年10月31日、林喜代種撮影

 コンサートが世界から消えて、ほぼ3カ月たつ。これは何百年前に戻ったことになるのだろうか?

 世界全体に動かしがたい沈黙がとぐろを巻いて横たわっている気がする。

 たとえば、二、三百年前の状況に戻ったとすると、ちょうどベートーベン生誕250年の今年から時計の針を逆回しにしたころになるが、当時の社会の資料からはさまざまに音が聞こえてくる。コンサートは極めて少なかった一方で、重い沈黙は感じられない。もっと前にさかのぼったとしても、瞑想(めいそう)の時間を持つ修道院からも、沈黙よりも音が聞こえてくる。瞑想とは、もともとは修道士が聖書を音読することであった。修道院の回廊から中庭に向かって修道士たちは聖書を音読していた。

 モーツァルト、ベートーベンの時代に、コンサートでベートーベンの交響曲を聴きたいと思っても、容易には実現しなかったろう。しかしたとえばピアノ用に編曲された交響曲を家庭内のピアノで弾くことなどを通して、決してうまい演奏ではないにしても、ベートーベンは身近に響いていた。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです