メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

再開公演は歌声から カウンターテナー・藤木大地が登場 /滋賀

 いよいよ、びわ湖ホールの公演がはじまります。最初の公演には、2017年、東洋人のカウンターテナーとして史上初めて、ウィーン国立歌劇場でデビューという快挙を成し遂げた、藤木大地が登場します。

 カウンターテナーとは、裏声(ファルセット)を使って、女声に相当する音域を歌う男性歌手を指します。その声は高いながらも力強く、ホッとする声の柔らかさと伸びやかさがあります。

 共演のピアニストは、加藤昌則。NHK2020応援ソング「パプリカ」(米津玄師作曲)の合唱編曲を手掛けた注目の作曲家でもあります。本公演で加藤自身の作品も取り上げます。そのほか、この時期にピッタリの夏の歌やオペラアリアの名作まで多彩なプログラムでお贈りします。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです