メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

「ソからド」だけで

東京都千代田区の日本橋川で=尾籠章裕撮影

 あるバイオリニストからのメールの最後に、ソからドと弾いて、それだけで不意に涙がにじんだ、とあった。ソとドでこんなにも感動するなんて、コロナ騒動でかつえていたからかもしれません、と書き添えてあった。新型コロナウイルス禍で、演奏家は演奏会で弾けず、先生も生徒も対面レッスンもできず、私たちも演奏会を聴けない。実際に目の前で生まれる良い音、良い音楽から、私たちは限りなく遠ざけられた。

 メールでは曲も何も分からなかったが、ソとドのつながりから、ふとパガニーニの《モーゼ幻想曲》が思い浮かんだ。ピアノのハ短調の分散和音の上に、バイオリンが一番低いG線のソからドを経てゆっくり上行してゆく哀切に満ちたフレーズである。G線1本で弾くように指示されているので、高い音はフラジョレット(倍音奏法)などを用いて弾かなければならない難曲である。正式名は《「エジプトのモーゼ」の「汝(なんじ)の星をち…

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1285文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです