メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

最新技術で劇場換気 安心安全な鑑賞環境提供 /滋賀

 びわ湖ホールの各ホール客席内では、天井の「排気口」から吹き出された新鮮な空気が舞台照明から出る熱を冷やしながら、客席下の「吸気口」へ流れ、床面へ吸い込まれます。「吸気口」の下には広い空間があり、客席内の空気は一旦そのエリアに吸い込まれた後に屋外へ排気されるシステムとなっています。

 客席の空気が「完全に入れ替わる時間」は24分で、24分経過後には再び新しい空気に少しずつ入れ替わり始めます。そのように、ホールでは1時間に2回以上の空気の入れ替えが行われており、「密閉された空間」とはならず、お客様が安心して過ごせるよう設計しています。

 劇場を設計する段階で「空調設備の性能」と「空間の容積」で、空気の循環に関して計算し、大ホール、中ホール、小ホール共に同じ空気の循環が行えるように空調設備(機器性能)を選定して導入しています。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです