メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

心に住む、美しい日本の歌 声楽アンサンブル×オケ 8月開催 /滋賀

 今年の8月に歌とオーケストラで綴(つづ)る新企画「美しい日本の歌」を開催します。

 誰の胸のうちにもある、「子どものころ親しんだ歌」「青春時代に歌った曲」「心に響く、懐かしく美しい日本の歌」を、びわ湖ホール専属の声楽アンサンブルがオーケストラとお届けします。

 コンサート前半は、「ふるさと」にはじまり、春~夏~秋~冬といった日本の四季を見事に歌にした曲をメドレーで。また、「しゃぼん玉」「叱(しか)られて」「赤とんぼ」などの懐かしい唱歌を通して、皆さんの心を子どもの頃に誘います。

 後半は、「昭和・平成の懐かしきヒット曲」と題して、尾崎紀世彦の「また逢(あ)う日まで」、イルカがカバーして大ヒットした「なごり雪」、「火曜サスペンス劇場」のエンディングテーマで岩崎宏美が歌った「聖母(マドンナ)たちのララバイ」など、盛りだくさんにお届けします。声楽アンサンブルの初のマイクを使った演奏にも注目ください。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  2. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  5. ORICON NEWS 漫画『チェンソーマン』累計300万部突破、作者喜び ジャンプの話題作で重版続く

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです