メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

コミカルな音符カード

東京都千代田区で=尾籠章裕撮影

 「先生を少し元気づけていただけませんか?」と、高弟のOさんからメールをもらったのは、7月に入ってすぐ暑さが襲ってきたときであった。先生は、かつてヨーロッパでも演奏会が好評であった女性ピアニストである。長らく音大で教えていたが最近は動静を聞いていなかった。お世話をしているOさんも音大を定年で去ったかどうかの年齢であろう。ためらったが、県境をまたぐ外出自粛要請も解除されたので、ご自宅を訪れることにした。

 鎌倉の鶴岡八幡宮を抜けて少々行ったあたりで、うろ覚えでタクシーを降りた。ひとつの筋に入ると、見上げる庭に1本、小ぶりながら葉の茂ったライラックの木があってすぐに思い出した。かつて白い薄いカーディガンを羽織って木の下に立たれていた先生の後ろ姿を覚えている。

この記事は有料記事です。

残り1079文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです