メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

コロナ後初のオペラ上演《カルメン》 照射される愛の本質=梅津時比古

=林喜代種撮影

 東日本大震災の津波にすべてが流されてゆくテレビ映像を見て、「もう元に戻れない」と多くの人が感じたことは、その後のさまざまな発言で分かった。私自身は長い間、罪意識に襲われ続けた。しかし、9年たって現地を除けば社会は「元に戻って」しまった。私自身の罪意識も霧散してしまった。

 新型コロナウイルス感染の危機は東日本大震災のように過激にではないが、やはり「もう元に戻れない」感覚を静かに突きつけてくる。違いは、「元に戻りたい」気持ちが切実であった大震災時に対し、今回は「元に戻ってはいけない」と自己に言い聞かせる感覚がまじっていることであろう。改めて大震災に関して、自分が部外者であったことのいいかげんさを突きつけられる気がする。社会全体でも責任がうやむやになった。

 藤原歌劇団がビゼー《カルメン》を上演した(8月15日、東京・新百合ケ丘のテアトロ・ジーリオ・ショウワ)。歌手たちはフェースシールドを着け、オーケストラ団員はマスクを着用している。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです