メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

学校で演奏や授業 プロとのふれあいを子供らに 「美しい日本のうた」テーマに他府県へも /滋賀

 びわ湖ホールの「顔」として活動している専属オペラ歌手「びわ湖ホール声楽アンサンブル」は、びわ湖ホールのオペラやコンサートに出演するだけでなく、県内の学校に出かけて行って演奏会や授業も行っています。ホールまで足を運ぶ機会が少ない子供たちにとって、学校で演奏会を聴いたり、身近にプロの歌手とふれあえたりする貴重な場となっています。

 文化庁は「文化芸術による子供育成総合事業」-巡回公演事業-として、この活動の全国版を行っており、びわ湖ホール声楽アンサンブルは2019年度からこの事業に選定され、滋賀県を飛び出して他府県の小中学校にも本格的なオペラやコンサートを届けています。

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  4. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

  5. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです