メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

誰もが知る名曲、お届け みんなで音楽会へでかけよう! 県内8会場で /滋賀

 新型コロナウイルス感染症の影響で失われた音楽鑑賞の機会を創出するために県内全域で「みんなで音楽会へ出かけよう!」を開催します。子どもからあらゆる世代の方々に楽しんでいただけるよう、アニメやディズニー映画、心に響く唱歌など、誰もが知っている名曲をお届けします。

 NHKの連続テレビ小説「エール」でおなじみの、古関裕而が作曲した「滋賀県民の歌」も今年6月に県庁で新たに発見された作曲者自身による手書きの楽譜(混声4部合唱版)で演奏します。当時の古関が曲に込めた思いを少しでも再現できるよう努めますので、こちらもどうぞお聴き逃しなく。

 演奏は、びわ湖ホールでの活動や、BS朝日の「子供たちに残したい美しい日本の歌」などで全国的に有名になった<びわ湖ホール声楽アンサンブル>8人と植松さやかのピアノでお贈りします。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文803文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです