メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こちらもオススメ

「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」毎日希望奨学金チャリティーコンサート 10年間、ありがとう! 2021年3月2日、いよいよ最終公演!

がんばろう日本!スーパーオーケストラのフィナーレで「ふるさと」を合唱する演奏者ら=東京都港区のサントリーホールで2019年3月1日、小川昌宏撮影

[PR]

 2021年3月2日、サントリーホールにて、全国各地で活躍する演奏家有志が東日本大震災の震災遺児を応援するために再び結集します!

 「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」は震災直後の2011年5月から開催している東日本大震災で保護者を亡くした震災遺児の学業継続を支援する「毎日希望奨学金」制度のためのチャリティーコンサートで、いよいよ、今回で最終回を迎えます。2020年3月の公演は新型コロナウイルス感染拡大による自粛要請で中止となりました。2011年の初回に、「震災を忘れないためにも『10年続けよう』」とスタートして、今回、10年・10回めの節目に最終回を迎えることになりました。

 今回も全国各地の交響楽団などで活躍する演奏家有志が一夜限りの楽団を結成し、力を込めた演奏で震災遺児たちを応援します。指揮者とソリストは、中止となった前回のメンバーです。仙台で震災を体験された山下一史さんが指揮を振り、人気と実力を兼ね備えた若手新鋭のヴァイオリニスト・辻彩奈さんとピアニスト・實川風さんが出演し、ブルッフやラヴェル、ムソルグスキーの名曲を夢の楽団と競演します。被災地への熱い思いを奏でる調べに、どうぞご期待ください。

 なお、震災遺児の学業継続や、高校・大学への進学を支援する「毎日希望奨学金」は新型コロナウイルス感染拡大対策として、会場では募金活動を行わず、チケット代金の一部を募金とさせていただきます。

指揮・山下一史 (C)ai ueda

「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」毎日希望奨学金チャリティーコンサート

<日時>

2021年3月2日(火)午後7時開演(同6時開場(予定))

<会場>

サントリーホール(東京都港区赤坂1、地下鉄・六本木一丁目、溜池山王下車)

<出演>

山下一史(指揮)、實川風(ピアノ)、辻彩奈(バイオリン)、がんばろう日本!スーパーオーケストラ(コンサートマスター:小森谷巧=読売日本交響楽団コンサートマスター)、小森谷徹(司会)

ピアノ・實川風(C)Yosuke Sato

<曲目>

ブルッフ:スコットランド幻想曲

ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲

ムソルグスキー:展覧会の絵

※演奏曲は予告なく変更となる場合がございます。ご了承くださいませ。

バイオリン・辻彩奈(c) Makoto Kamiya

<チケット>

10月31日より各プレイガイドで先行発売、11月7日より一般発売です。

5800円(全席指定、税込。未就学児入場不可。寄付金を含む)

※チケットは1席ずつ、ソーシャルディスタンスをとって販売させていただきます。今後の感染状況や規制緩和により、間の席を販売する可能性がございます。何卒ご了承ください。

イープラス(https://eplus.jp/gambaro/ )

サントリーホールチケットセンター(電話0570・55・0017)

ローソンチケット(https://l-tike.com、Lコード34722)

チケットぴあ(0570・02・9999、Pコード189-020)

<主催>

毎日新聞社

<協力>

特定非営利活動法人クウォーター・グッド・オフィス

<問い合わせ>

毎日新聞社事業本部(電話03・3212・0804、平日午前10時~午後6時)

テンポプリモ(電話03・3524・1221、平日午前10時半~午後5時)

<お知らせ>

・ご来場者様の安全のため、政府および東京都、関係機関のガイドラインをもとに最大限の新型コロナウイルス対策に努めます。

・本公演は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため会場での募金活動を実施しません。収益の一部から「毎日希望奨学金」に寄付させていただきます。

・感染状況により開催内容に変更が生じる可能性がございます。何卒ご了承ください。ご来場前には、必ず特設ページ (https://www.mainichi.co.jp/event/culture/gambaro/) で最新情報をご確認ください。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  3. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです