メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

ベートーヴェン生誕250年 記念の室内楽2公演 /滋賀

 生誕250年となるベートーヴェン。多くの名作を生みだした偉大な作曲家の記念年には、本来ならたくさんの企画が目白押しのはずでしたが、このコロナ禍、中止や変更を余儀なくされたものも多くあります。今月ご紹介する室内楽2公演も、当初に予定していた小ホールから大ホールに会場を変え、開催します。

 まず21日は前橋汀子カルテット。音楽界のトップを走り続けるバイオリニスト前橋が、同じく日本のトッププレーヤーたちと結成した弦楽四重奏です。初期(4番)、中期(11番「セリオーソ」)、後期(14番)と、ベートーヴェンの音楽変遷をたどるように組まれたプログラムは、熟練の奏者たちの音楽性が凝縮されたアンサンブルになること間違いありません。

 次の日には、2018年のミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門で優勝し、注目の的となった俊英たち「葵トリオ」。びわ湖ホールには「近江の春2019」に続き2度目の登場です。若さと情熱あふれるトリオが、ピアノ三重奏のなかでもとりわけ名曲である「大公」(第7番)を含む3曲を披露します。ベートーヴェンの作品をおのおのの魅力あふれるアンサンブルで聞く2公演。お楽しみに。(事業部 古川恵理)

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 転院迫られる妊婦約200人「頭が真っ白に」 コロナ集中的受け入れの都立広尾病院

  2. 埼玉・戸田中央総合病院のクラスター、感染者310人に 新型コロナ

  3. コロナで「困っています」物乞いする35歳 うつむく困窮者に届かぬ支援

  4. 北海道1会場、雪で16日の共通テスト中止 まるごと再試験は共通1次以来初

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです