メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

ベートーヴェン生誕250年 記念の室内楽2公演 /滋賀

 生誕250年となるベートーヴェン。多くの名作を生みだした偉大な作曲家の記念年には、本来ならたくさんの企画が目白押しのはずでしたが、このコロナ禍、中止や変更を余儀なくされたものも多くあります。今月ご紹介する室内楽2公演も、当初に予定していた小ホールから大ホールに会場を変え、開催します。

 まず21日は前橋汀子カルテット。音楽界のトップを走り続けるバイオリニスト前橋が、同じく日本のトッププレーヤーたちと結成した弦楽四重奏です。初期(4番)、中期(11番「セリオーソ」)、後期(14番)と、ベートーヴェンの音楽変遷をたどるように組まれたプログラムは、熟練の奏者たちの音楽性が凝縮されたアンサンブルになること間違いありません。

 次の日には、2018年のミュンヘン国際音楽コンクールピアノ三重奏部門で優勝し、注目の的となった俊英たち「葵トリオ」。びわ湖ホールには「近江の春2019」に続き2度目の登場です。若さと情熱あふれるトリオが、ピアノ三重奏のなかでもとりわけ名曲である「大公」(第7番)を含む3曲を披露します。ベートーヴェンの作品をおのおのの魅力あふれるアンサンブルで聞く2公演。お楽しみに。(事業部 古川恵理)

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  2. 「鬼滅の刃」偽フィギュア1500個、販売目的で所持の疑い 会社員を逮捕 山口県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 井上科技相、学術会議の国からの切り離し検討を要請 梶田会長との会談で

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです