メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本音楽コンクール

日本音コン 作曲部門 入賞3作、演奏・収録 /東京

第89回日本音楽コンクール作曲部門1位の波立裕矢さん=東京都渋谷区で2020年11月11日、北山夏帆撮影

1位・波立さん「うねるような重力表現」

2位・冷水さん「生みの苦しみ後の希望」

3位・原島さん 主役の「錦琵琶」自ら演奏

 第89回日本音楽コンクール(毎日新聞社・NHK主催)の作曲部門(オーケストラ作品)で都内に在学・在住する3人が入賞を独占し、このほど3作の演奏と収録が行われた。

 1位は波立裕矢(はりゅう・ゆうや)さん(25)=東京芸大大学院=の「模細工(もざいく)状の蝶(ちょう)・重力Ⅳ」。「ショパンの練習曲『蝶々』やラベルの『蛾(が)』などの引用をモザイクのように組み立て、有機的に膨らませて、うねるような重力を表現したかった」という。

 2位も東京芸大大学院の冷水乃栄流(ひやみず・のえる)さん(23)。作品「TOKYO REQUIEM(レクイエム)」は、「効率主義が極まった世界の傷をありのままに見つめ、『生みの苦しみ』の後に来る希望」をテーマにした。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏の地元も「答弁、何だったのか」 「桜を見る会」補塡に疑問の声

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 事実と違う答弁を繰り返した安倍氏…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  5. 要請応じない/もう諦めるしか 大阪「時短」、反発や落胆 忘年会シーズン直撃 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです