メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

世界へ羽ばたくテノール 山本康寛リサイタル 来月5日 /滋賀

 びわ湖ホールの創造活動の核として、開館時に設立された専属のオペラ歌手集団「びわ湖ホール声楽アンサンブル」。12月5日にソロ・リサイタルを開催する山本康寛は、2008年4月から14年3月までメンバーとして活動し、びわ湖ホールの数々の舞台に立ってきました。

 高音を得意とする軽やかで伸びのある歌声はテノールの中でもまれにみる逸材。14年3月には大ホールで上演したオペラ『死の都』の主役パウルに大抜てきされ、公演を成功に導くなど、その才能を遺憾なく発揮してきました。

 卒団後は、五島記念文化賞オペラ新人賞を受賞し、助成を受けてイタリアに留学。イタリアでもオペラデビューを果たすほか、日本では昨年度、「ガラスの仮面」の作中劇「紅天女」のオペラ公演に一真役で出演したことも話題になりました。

この記事は有料記事です。

残り400文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センバツ21世紀枠候補・知内 過疎の町の宝が掲げる「全員が脇役、全員が主役」

  2. センバツ21世紀枠 候補校紹介/1 知内(北海道) 「聖地」再訪へ、打撃強化

  3. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  4. 感染防止策違反に「氏名公表」は厳しすぎるリンチか 自民には「不十分」の声

  5. 五嶋みどりさんにケネディ・センター名誉賞 日本出身者で小澤征爾さんに次ぎ2人目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです