メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウィズ・コロナのオーケストラ

(3)東京都交響楽団<上>コンサートマスター・矢部達哉 コンマス就任30周年に

[PR]

 「ウィズ・コロナのオーケストラ」第3弾は、東京都交響楽団のソロ・コンサートマスター、矢部達哉氏にプレイヤー側の視点から話を聞いた。矢部氏は今年、同団コンサートマスターに就任して30周年、そうした記念の年に直面した音楽をとりまく未曽有の危機に対する考えとともに、コンマスとしての30年間のさまざまな思い出についても語ってもらった。3回に分けて紹介する。(取材・宮嶋 極)

 コロナ禍の2020年、緊急事態宣言で演奏活動が完全にストップした際には楽器を手にする気すら起こらない日もあったという。その一方でリーダーとして若いメンバーのケアにも心を砕かなければいけないなど、通常時では考えられない苦労にも数多く直面した。

インタビュー「中」は……珠玉の名演、名指揮者への思い

インタビュー「下」は……特殊な演奏環境をどう乗り越えるか

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです