メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

うねる嘆き、悲しみ シュッツ合唱団「レクイエムの集い」=梅津時比古

=シュッツ合唱団提供

 今年も多くの方が亡くなった。50年ほど前に東京で発足したハインリヒ・シュッツ合唱団は、毎年「レクイエムの集い」を行っている。その年に亡くなった家族や親しい人の名前を合唱団に事前に届けると、公演で祈りがささげられる。今年はどこも新型コロナ対応のため合唱の公演に難色を示し、ようやく府中の森芸術劇場の小ホールが認めてくれたという。

 私は無宗教でもあり、名前は届けなかったが、何人かの姿を心に秘めながら11月5日の夜、会場へ向かった。近づくと、道のあちらこちらから人々が集まってくる。この合唱団の公演にこれほど多くの人が参集していた経験はなく、不安な世情に祈りたい人が多いのであろうか、と驚いた。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 営業時間命令違反で過料、入院拒否には刑事罰 自民が特措法改正案など了承

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  5. 「日本政府は中国と同じことを頼む」 ニューヨーク・タイムズ前支局長が内実を暴露

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです