メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本学生音楽コンクール

第74回全日本学生音楽コンクール北九州大会受賞記念演奏会 きらめく新星、響き合う

1月10日・北九州市立響ホール

 第74回全日本学生音楽コンクール北九州大会の1~3位の入賞者33人(うち1人欠席)が1月10日、北九州市立響ホール(八幡東区平野)で「受賞記念演奏会~若き演奏家たちのニューイヤーコンサート~」に出演する。北九州大会には223人が出場し、予選、本選を通過した18人が全国大会に進んだ。全国大会では、バイオリン部門小学校の部で浜田理誉さん(福岡・明治学園小4年)、ピアノ部門高校の部で国本奈々さん(山口・長府高1年)が2位に入賞。国本さんは中学校の部で1位になった第72回大会以来の入賞で、浜田さんは観客が選ぶ「横浜市民賞」にも選ばれた。演奏会では「アルゲリッチ芸術振興財団賞」の発表や、2017年にブラームス国際コンクールバイオリン部門で優勝した中村太地さん(北九州市出身)のゲスト演奏もある。

 浜田さんは初めての全国大会で4年生ながら2位に入り、横浜市民賞(聴衆賞)にも選ばれた。「多くの人から『おめでとう』と言われてうれしかった」と笑顔を見せる。

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1908文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです