メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

  • (54)4回だけの音楽祭開催

    財団の設立  1978年から81年に行われた「東京音楽芸術祭」の存在を記憶している人は、今どのくらいいるだろうか。主催は「日本音楽芸術振興会」。 77年4月に認…

    (2018年12月22日 12:00)

  • (53)新芸と日本の音楽家Ⅳ 大橋国一

    ヨーロッパの第一線で活躍  ドン・ジョバンニ、フィガロ、ザラストロ、エスカミリオなどの役を得意とし、1960~70年代前半の日本のオペラ界を牽引(けんいん)した…

    (2018年12月08日 12:00)

  • (52)新芸と日本の音楽家Ⅲ 海野義雄

    岩城宏之と新芸専属に  「世界の海野」と呼ばれ、国際的に活躍したヴァイオリニスト、海野義雄(82)は、新芸術家協会(新芸)草創期から所属したアーティストの一人で…

    (2018年11月24日 12:00)

  • (51)新芸と日本の音楽家Ⅱ 賀集裕子

    難関の国際コンクールで快挙  1956年6月2日、ベルギーの首都ブリュッセルで行われたエリザベート王妃国際音楽コンクールの本選会最終日に日本人の女性ピアニストが…

    (2018年11月10日 12:00)

  • (50)新芸と日本の音楽家Ⅰ 柳川守

    才能を見いだされて 「君は4、5年もたてばホロヴィッツのようなピアニストになるに違いない」  1950年10月に来日したフランスのピアニストでパリ国立高等音楽院…

    (2018年10月31日 19:09)

  • (49)幻のホロヴィッツ来日公演

     「クラシック音楽界の超大物 ホロヴィッツの来日確実」。こんな特ダネ記事が読売新聞に載ったのは1975年7月4日のことだった。世界の大物音楽家が続々と日本を訪れ…

    (2018年10月13日 12:00)

  • (48)シュヴァルツコップをめぐる「事件」

    初来日までの長い道のり  今から半世紀前の1968年4月5日、東京文化会館は開演を待つ音楽ファンの静かな熱気に包まれていた。午後7時、20世紀を代表するソプラノ…

    (2018年09月29日 12:00)

  • (47)ソ連の仕事Ⅹ もう一人のキーマン

    土方与平との関わり 1970年の大阪万博の時期を中心に新芸術家協会(新芸)とソ連の仕事を見てきたが、最後に新芸創業者、西岡芳和が学生時代から交流のあった、もう一…

    (2018年09月15日 12:00)

  • (46)ソ連の仕事Ⅸ 知られざる功労者

    北朝鮮からの亡命者 新芸術家協会(新芸)がソ連に食い込み、リヒテルやムラヴィンスキーなど大物音楽家の招請を実現させた背後には、ソ連在住の一人の朝鮮人の協力があっ…

    (2018年09月01日 12:00)

  • (45)ソ連の仕事Ⅷ 伝説のピアニスト・リヒテル③

    日本に魅せられて 1970年の初来日中、スヴャトスラフ・リヒテルは体調を崩し、5回の演奏会をキャンセルした。だが滞在期間を延長して3回の追加公演を行い、大阪万博…

    (2018年08月18日 12:00)

  • (44)ソ連の仕事Ⅶ 伝説のピアニスト・リヒテル②

    「あなたのヤマハを弾く」 1970年8月31日午後3時、スヴャトスラフ・リヒテルを乗せたソ連の客船オルジョニキーゼ号が大阪港に入港した。飛行機嫌いのリヒテルは8…

    (2018年08月04日 12:00)

  • (43)ソ連の仕事Ⅵ 伝説のピアニスト・リヒテル①

    「争奪戦」の構図  海外から続々と著名な演奏家や団体が来日していた1960年代、ウラディミール・ホロヴィッツ、マリア・カラスとともに「難攻不落トリオ」と呼ばれ、…

    (2018年07月21日 12:00)

  • (42)ソ連の仕事Ⅴ 幻の指揮者ムラヴィンスキー②

    70年来日中止の真相 新芸術家協会の招請で実現した1973年のエフゲニー・ムラヴィンスキー率いるレニングラード・フィルハーモニー交響楽団(略称レン・フィル、現サ…

    (2018年07月07日 12:00)

  • (41)ソ連の仕事Ⅳ 幻の指揮者ムラヴィンスキー①

    三度目の正直 1973年5月26日、レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団(略称・レン・フィル、現サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団)の演奏会の開…

    (2018年06月23日 12:00)

  • (40)ソ連の仕事Ⅲ ボリショイ・オペラ②

    大きな「忘れ物」 1970年8月12日午前9時、大阪万博の「クラシック催物シリーズ」に出演するボリショイ・オペラの一行300人余りを乗せたソ連の客船マリア・ウリ…

    (2018年06月09日 12:00)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  2. 携帯の2年縛り、3月から緩和 違約金なしの解約、3カ月に
  3. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 米で偽新聞「トランプ辞任」ワシントンでばらまき

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです