メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カルチャー

  • 仲畑流万能川柳

    ばあちゃんがお立ち台言う盆踊り

    ☆印は秀逸(仲畑貴志選)☆ばあちゃんがお立ち台言う盆踊り さいたま 美ら小雪はじまりはたった一個の変異菌 北九州 藤井真知子毎日が不要不急のことばかり 東京 8…

  • 季語刻々

    青空の北に雲寄る花辛夷

     ◆昔 ◇青空の北に雲寄る花辛夷(こぶし) 広瀬直人 「花辛夷」はコブシの花、これ、俳句特有の言い方だ。「花大根」「花蜜柑(みかん)」などと言い方を短縮するのだ…

  • 毎日俳壇

    小川軽舟・選

    ◎特選◎洗剤の香の立つシャツや春の朝 津市 渡邊健治【評】クリーニング屋まかせにせず家で洗ったシャツなのだろう。やわらかな朝日が心地よい。馬の仔に太平洋の潮香る…

  • 毎日俳壇

    片山由美子・選

    ◎特選◎読み返す母の手紙や春の風邪 神戸市 田代真一【評】寝込むほどでもない春の風邪。ふと生まれた空白の時間が心のゆとりをもたらしたのである。啓蟄(けいちつ)や…

  • 毎日俳壇

    西村和子・選

    ◎特選◎御神火(ごじんか)と見紛ふ阿蘇の野焼かな さいたま市 橋本遊行【評】火山を神と見てこその「御神火」という言葉に野焼の火柱や勢いが表現されている。さへづり…

  • 毎日俳壇

    鷹羽狩行・選

    ◎特選◎紙雛(かみびな)のそれぞれ吾子に似たるかな 青森市 天童光宏【評】手作りの雛人形はかざりけのない素朴なものだが、それでも折った人に似たところがある。雛(…

  • 毎日歌壇

    米川千嘉子・選

    ◎特選◎ランドセル玄関に置き飛び出したあの日の僕が飛び出してくる 古賀市 砂山ふらり【評】元気も好奇心も一杯だった子供時代はもう遠いはず。しかし、何の拍子にか昔…

  • 毎日歌壇

    加藤治郎・選

    ◎特選◎右大臣みたいな動きでモップがけしている男と今日は仕事だ 広島市 堀眞希【評】雛(ひな)人形の右大臣をイメージした。雅(みやび)やかで緩慢な動作は厳しい現…

  • 毎日歌壇

    篠弘・選

    ◎特選◎冬麗の凍(い)てたる空に月冴えてひかりを降らす流るる川に 東京 長谷久枝【評】冷えびえとした都市の月明がモチーフになった光景。川の美しさに目が向けられる…

  • 毎日歌壇

    伊藤一彦・選

    ◎特選◎みづからの手をみつめつつその先の世界をいまは知らぬみどりご 池田市 寺阪誠記【評】若い父親の歌。災害や戦争の絶えまない世界を今後生きていく子供の将来を案…

  • 詩歌の森へ

    鳥影の行方を追う=酒井佐忠

     花山多佳子の新歌集『鳥影(とりかげ)』(角川書店)が今年の詩歌文学館賞(短歌部門)に決まった。花山はすでに河野愛子賞や斎藤茂吉短歌文学賞を受賞しているベテラン…

  • 視聴室

    新・エール

     ◆新・エール(NHK=前8・0) 102作目の連続テレビ小説で、福島県出身の作曲家の古関裕而をモデルにした物語。「栄冠は君に輝く」「長崎の鐘」など数々の名曲を…

連載

スミレの香り

人生は夕方から楽しくなる

創作の原点

南光の「偏愛」コレクション

Interview

Topics

楽庫

今どきの歴史

私の記念碑

読書日記

藤原帰一の映画愛

季語刻々

論の周辺

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナで雇い止め 地下鉄売店勤務の女性、ゼッケンで抗議と客への感謝

  2. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  3. 「におい、味全くしない」感染の入院患者証言 対応看護師減り「病院余裕ない」

  4. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  5. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです