メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

明治から続く毎日新聞の社説は、連日論説委員が議論を交わしてテーマを決めます。ニュースの経緯を理解するにも役立ちます。

  • 平成を送る 政治改革の30年 今また原点を見つめる時

     「いま、日本の政治はおおきな岐路に立たされている。リクルート疑惑をきっかけに、国民の政治にたいする不信感は頂点に達し、わが国議会政治史上、例をみない深刻な事態…

    (2019年4月26日 02:24)

  • 原発のテロ対策遅れ 安全に猶予は認められぬ

     原発の新規制基準は、航空機テロなどに備えた施設の設置を義務づけている。その期限は、再稼働に向けた審査終了後5年以内だ。 これまで再稼働した原発は関西、四国、九…

    (2019年4月25日 02:43)

  • 強制不妊救済法が成立 謝罪の主体が曖昧なまま

     旧優生保護法で強制不妊手術を受けた障害者らの救済法が成立した。 宮城県の60代の女性が初めて国を提訴してから1年3カ月。被害者の高齢化に配慮して与野党の国会議…

    (2019年4月25日 02:42)

  • 廃炉作業に外国人 適切な環境整備が先決だ

     東京電力が、新たな在留資格「特定技能」の外国人労働者を、福島第1原発の廃炉作業などに受け入れる方向で準備を進めている。 福島第1原発構内では現在、東電や協力会…

    (2019年4月24日 02:24)

  • 政治資金で堺市長辞職 入りも出も不透明すぎる

     堺市の竹山修身市長が、政治資金収支報告書に多額の記載漏れがあった問題の責任を取るとして、辞職を申し出た。 関連する三つの政治団体が大阪府選管に届け出ていたカネ…

    (2019年4月24日 02:24)

  • スリランカ同時テロ 浸潤する過激主義の脅威

     スリランカ最大都市コロンボなどの教会や高級ホテルで、同時多発の爆弾テロが起き、日本人を含む300人近くが死亡、500人以上が負傷する惨事となった。 キリスト教…

    (2019年4月23日 03:06)

  • アイヌ支援法が成立 多様な歴史性育むために

     文化の継承や地域振興を後押しするアイヌ民族支援法が成立した。1997年に制定されたアイヌ文化振興法に代わるものだ。 アイヌの人々は北海道を中心に独自の文化を形…

    (2019年4月23日 03:06)

  • 衆院沖縄3区補選 政権に問う3連敗の重み

     辺野古埋め立てを既成事実化して住民のあきらめムードを作り出す。そんな戦術が全く通用しないことを、政権はどう考えているのか。 衆院沖縄3区の補欠選挙で米軍普天間…

    (2019年4月22日 02:05)

  • 五輪開催時の輸送対策 円滑な移動に協力しよう

     来夏に迫った東京五輪を見据え、政府はこの夏、交通機関の混雑緩和策を探る大規模シミュレーションを行う。人の移動手段をどう確保するかは大会の成否を握る。綿密な試行…

    (2019年4月22日 02:05)

社説を読み解く

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです