メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

社説

明治から続く毎日新聞の社説は、連日論説委員が議論を交わしてテーマを決めます。ニュースの経緯を理解するにも役立ちます。

  • 企業型保育所の不正 ずさん審査放置したツケ

     企業主導型保育所を開設する名目で国の助成金約4億8000万円をだまし取ったとしてコンサルティング会社の経営者らが起訴された。 企業主導型保育所は「従業員の働き…

  • 米大統領選と民主党 「反トランプ」超える旗を

     2020年11月の米大統領選に向けた野党・民主党の討論会が始まった。有力政治家ら20人が大統領候補の座を争う激戦になっている。 支持率でトップを走るのはオバマ…

  • 夏休み続く国会 閉会中も諸課題の議論を

     国会はこのまま、あと50日近くも夏休みを続けるのだろうか。 政府・与党は9月前半に内閣を改造したうえで、臨時国会を10月初旬に召集する方針だという。野党は早期…

  • 長引く香港の混乱 介入回避が長官の責務だ

     香港から中国への犯罪容疑者移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案への反対運動に収束の気配が見えない。香港国際空港がデモ隊の占拠でマヒする事態にまで発展した。 民…

  • JOC理事会非公開に これが改革の第一歩とは

     日本オリンピック委員会(JOC)が、報道陣に公開してきた理事会を完全非公開にすることを決めた。来月より実施するという。 JOC理事会は、山下泰裕会長をトップに…

  • 令和初の戦没者追悼式 受け継がれた平和の願い

     終戦の日のきのう全国戦没者追悼式が営まれ、天皇陛下がこの式で初めておことばを述べられた。「過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを…

  • 文・韓国大統領の演説 抑制された姿勢の維持を

     抑制された姿勢を維持してほしいと切に願う。 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領がきのうの光復節に行った演説である。日本に対する直接的な批判は避け、「日本が対話…

  • 終戦の日と戦後処理 世代をまたいで辛抱強く

     終戦の日である。戦禍にたおれた人びとを追悼するとともに、日本が歩んだ過去への内省や、不戦の決意が交差する日だ。 今年はここに韓国との深刻な不和が加わって、日本…

連載

社説を読み解く

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです