メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

明治から続く毎日新聞の社説は、連日論説委員が議論を交わしてテーマを決めます。ニュースの経緯を理解するにも役立ちます。

  • 緊急事態の全面解除 教訓刻み再流行に備えを

     新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が全面解除された。 宣言が続いていた東京都など5都道県でも新規感染者数が減少傾向にあり、医療体制に余裕が出たことなどから…

  • 訪日外国人の激減 新たな観光モデル作ろう

     新型コロナウイルスの感染拡大で、4月の訪日外国人が初めて3000人を割り込んだ。政府は2020年に4000万人の外国人旅行者を受け入れる目標を掲げるが、実現は…

  • 自衛隊に宇宙部隊発足 軍事空間にせぬ歯止めを

     自衛隊で宇宙を専門にする初めての部隊「宇宙作戦隊」が発足した。宇宙ごみや他国の人工衛星が日本の人工衛星に衝突しないように監視するのが主な任務だ。 人工衛星は、…

  • コロナと9月入学案 国民的議論の場が必要だ

     秋から新学年を始める「9月入学」導入の是非を政府が検討している。新型コロナウイルスの影響で休校が長期化し、学習の遅れが深刻化したことがきっかけだ。 世論は割れ…

  • 芸能人の政治的発言 個人の意見阻まぬ社会に

     今国会での成立が見送られた検察庁法改正案では、芸能人による抗議のツイッターでの広がりが注目を集めた。 俳優の小泉今日子さんや井浦新さん、音楽家の大友良英さんら…

  • 抗原・抗体検査 特性踏まえて有効活用を

     新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる「抗原検査」が承認された。 この検査は、ウイルスを構成するたんぱく質の有無を調べる。最大の利点は、10~30分…

  • 黒川検事長の辞職 異例の人事が醜態招いた

     前例のない決定で定年を延長されていた黒川弘務・東京高検検事長が辞表を出した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言下に、記者と賭けマージャンをしていたとの週刊文春の…

  • 近畿で緊急事態解除 経済とのバランス慎重に

     新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が、大阪、京都、兵庫の近畿3府県で解除された。 直近1週間の新規感染者数が人口10万人当たり0・5人程度以下という解除の…

連載

社説を読み解く

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです