メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

明治から続く毎日新聞の社説は、連日論説委員が議論を交わしてテーマを決めます。ニュースの経緯を理解するにも役立ちます。

  • 安倍氏の「桜」前夜祭 国会答弁との矛盾説明を

     安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」に合わせて主催した前夜祭について、安倍氏側が費用を補塡(ほてん)していた疑いがあるとして、東京地検特捜部が捜査している。…

  • 地銀の再編に補助金 経済再生に結びつくのか

     政府・日銀が地銀や信金に再編を促すため、異例の補助金制度を相次いで打ち出した。 日銀は、再編や大幅な経費削減に取り組む銀行や信金が日銀口座に預ける当座預金の金…

  • 加速する脱エンジン 世界の流れ見誤らぬよう

     自動車産業で「脱エンジン」の動きが加速している。 英国は2030年までにガソリン車とディーゼル車の新車販売を禁じる。従来の計画を5年前倒しし、温暖化対策を強化…

  • 日本の宇宙産業 「挑戦の芽」育てる支援を

     米スペースX社が開発した宇宙船に乗り組み、野口聡一さんら4人の飛行士が国際宇宙ステーションに到着した。宇宙開発における「官から民へ」の流れを印象づける出来事だ…

  • 国の「カスハラ」対策 現場を守る明確な指針に

     顧客が威圧的な言動や理不尽な要求をする「カスタマーハラスメント」について、厚生労働省が企業向けの対応マニュアル作りに乗り出す。 カスハラの被害は近年深刻になっ…

  • GoToの運用見直し 危機感強め十分な対策を

     新型コロナウイルスの感染者急増を受け、政府は需要喚起策「GoToキャンペーン」の運用見直しを決めた。 「GoToトラベル」は感染拡大地域への旅行の新規予約を一…

  • 都市対抗野球開幕 コロナ下の苦境乗り越え

     第91回都市対抗野球大会がきょうから東京ドームで始まる。毎年夏に開催されるが、今年は当初、東京オリンピックが予定されていたため、11月下旬開幕となった。 新型…

  • 憲法審と国民投票法 新たな課題出てきている

     衆院の憲法審査会が今国会になって初めて開かれた。当面の焦点は、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正問題だ。 2年前に提出された改正案は、駅・商業施設への共…

連載

社説を読み解く

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです