メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EXPO‘70 大阪万博アーカイブ

 「人類の進歩と調和」をテーマに、1970年3月14日の開会式から半年間、日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた。大阪・千里丘陵を造成した広大な会場に、趣向を凝らした国内外116のパビリオンが建ち並び、約6422万人が来場した。未来を意識した展示物はもちろん、連日のイベント、最先端のファッションを取り入れた各パビリオンのホステス(当時の呼称)らのユニホームなども話題になった。海外旅行が一般化する前、カルチャーショックを受けた日本人が世界観やライフスタイルを大きく変えるきっかけともなった。まさにお祭り騒ぎの半年間と開幕までの様子を写真で振り返る。

 開催地として立候補している2025年に2度目の大阪万博が開かれるかどうかは、2018年11月、博覧会国際事務局(BIE)の総会で決まる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「黒い吉野家」3月から一気に拡大 オレンジ色のイメージ変える理由は?
  2. さよならムーミン列車 いすみ鉄道、3月末に終了 経営環境厳しく
  3. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  4. 墨吐く深海魚「アカナマダ」、31年ぶり富山湾に インスタ投稿見て寄贈呼びかけ
  5. 「赤毛」の秋田犬ぬいぐるみがヒット 白毛と虎毛も登場

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです