メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EXPO‘70 大阪万博アーカイブ

 「人類の進歩と調和」をテーマに、1970年3月14日の開会式から半年間、日本万国博覧会(大阪万博)が開かれた。大阪・千里丘陵を造成した広大な会場に、趣向を凝らした国内外116のパビリオンが建ち並び、約6422万人が来場した。未来を意識した展示物はもちろん、連日のイベント、最先端のファッションを取り入れた各パビリオンのホステス(当時の呼称)らのユニホームなども話題になった。海外旅行が一般化する前、カルチャーショックを受けた日本人が世界観やライフスタイルを大きく変えるきっかけともなった。まさにお祭り騒ぎの半年間と開幕までの様子を写真で振り返る。

 開催地として立候補している2025年に2度目の大阪万博が開かれるかどうかは、2018年11月、博覧会国際事務局(BIE)の総会で決まる。

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです