メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・発信

  • 内藤佐和子・徳島市長

    コロナ禍対策に民間の力を生かす "関わりしろ"提供で関係人口増 コロナ禍のさなかの4月18日、私は対策会議を開催するため緊急登庁をしました。4月20日のオフィシ…

  • 永松悟・大分県杵築市長

    城下町の歴史を生かし観光振興 地域商社で地元産品の販売拡大 杵築市は、人口が約2万9000人で農林水産業が主産業の市です。江戸時代には10代にわたり譜代大名、能…

  • 竹内通弘・兵庫県洲本市長

    行政は市民のための「名脇役」 地域と大学の「域学連携」推進  早いもので、市長に就任してから10年がたちました。私自身、常日ごろからまちづくりの主役は市民の皆さ…

  • 越田謙治郎・兵庫県川西市長

    「かわにし新時代」に向けて 市民とともに歩むまちづくり  川西市は、大阪中心部への公共交通機関でのアクセスの良さに加え、空港にも近く、高速道路のインターチェンジ…

  • 横尾俊彦・佐賀県多久市長

    未来に投資するICT教育 グローバル思考とローカル実践 多久市も激甚災害となった昨年8月大雨や一連の災害の復旧復興対策費も含む政府の12月補正予算案。そこには「…

  • 井崎義治・千葉県流山市長

    「母になるなら、流山市。」 少子化社会を乗り越える 2005年、秋葉原とつくばを最速45分で結ぶつくばエクスプレスが開業しました。時を同じくして、宅鉄法により市…

  • 松丸修久・茨城県守谷市長

    地域主導・市民主導のまちづくり 「まちづくり協議会」を設立 守谷市は、周囲を利根川、鬼怒川、小貝川に囲まれた「水と緑に恵まれた美しいまち」です。市内には市民ボラ…

  • 松井聡・岐阜県羽島市長

    「チーム羽島市役所」で 総務省が公表している「類似団体別職員数の状況」によると、羽島市役所は人口1万人当たり職員数(一般行政)が33.86人です。同規模の自治体…

  • 藤井勇治・滋賀県長浜市長

    文化の薫りと歴史の重み日本一 日本一雄大で美しい琵琶湖のほとり長浜は、天下人・豊臣秀吉が最初に築いた城下町です。元々は今浜と呼んでいたこの地を主君である織田信長…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 大阪市、ハトなどへの餌やり規制へ 10年前から一部住民が続け、ふん害発生

  3. 宝塚歌劇、雪組でも1人がコロナに感染 大阪で17日開幕の公演出演者

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです