メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・課長補佐時代

  • 文部科学省総合教育政策局長 浅田和伸(57)

    若さで激務を乗り切った 課長補佐時代は、1992年からの三重県教育委員会事務局指導課長、95年からの文化庁文化財保護部記念物課課長補佐、97年からの在中国日本国…

  • 海上保安庁次長 上原淳(55)

    マネジメントの肝を学ぶ 私の課長補佐時代は、苦難の日々から始まりました。1993年7月に、国鉄清算事業団用地の売却を担当することになりました。国鉄長期債務25.…

  • 国土交通省国際統括官 岡西康博(55)

    仕事に必要なスキルを鍛えられた 課長補佐時代でまず思い浮かぶのは、航空局国際航空課の課長補佐です。当時、日米航空関係は、戦後日本の航空輸送がようやく認められて間…

  • 農林水産省生産局長 枝元真徹(58)

    真摯に謙虚、粘り強い対応学ぶ いつも読んでいるこのコーナーに自分が書くことになり、「課長補佐」に焦点を当てた編集部の意図がよく分かりました。課長補佐時代の経験が…

  • 国土交通省国土交通審議官 篠原康弘(59)

    瞬発力と発想力が鍛えられた 1996年12月、政府予算案の閣議決定期限の24日が迫っていました。整備新幹線の新規整備区間と新たな財源スキームは、着地点が見えず、…

  • 財務省大臣官房総括審議官 茶谷栄治(55)

    行政官の基礎を学ぶ 東西統一から日が浅いドイツで、在ベルリン総領事館領事として、旧東ドイツ地域の経済再建の状況などを調査する仕事を3年間務めた後、1996年に帰…

  • 文部科学省私学部長 白間竜一郎(57)

    他省庁との協働の重要性学ぶ 1996年4月、島根県教育委員会への出向から、2年8カ月ぶりに高等教育局医学教育課の課長補佐に戻りました。医学教育課は、大学の医学部…

  • 農林水産省食料産業局長 新井ゆたか(57)

    原点に立ち戻って考える 「この研究会の目的はなに?報告書は読んでもらわないと意味がない。明日の朝までに書き直して家のポストに入れておいて」。最初の補佐ポストで、…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです