メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・特集

  • 土地の寄付 ニーズ高まるナショナル・トラスト

    求められる官民協働の取り組み 地球温暖化とともに地球環境危機の喫緊の課題が生物多様性・自然環境の保護保全だ。「ナショナル・トラスト」活動は直接的に山林などの自然…

  • 進化する道の駅 地域の核に成長

    防災、地方創生、観光振興の拠点 道の駅が全国で1173駅まで増え、地域の核としてさまざまな役割を担っている。1993年の制度の創設以来、四半世紀が経過し、地域経…

  • 地方創生II 人口争奪から関係人口強化へ

    正念場の第2期 今年度から地方創生の第2期が始まる。人口減少に立ち向かうため2014年に「まち・ひと・しごと創生法」が制定され、全国の自治体は「地方版総合戦略」…

  • 防災の国際交流

    津波被害を伝え「事前防災」に役立てる 東日本大震災から9年が経過した。岩手、宮城、福島の3県と仙台市の代表が参加して昨年1月に開かれた「復興加速化会議」では、国…

  • 卒FIT 余剰電力の活用は?

    生エネ成長産業への試金石 太陽光や風力といった再生可能エネルギー由来の電力を、事前に設定した価格で電力会社が買い取るというのが2009年に始まった固定価格買い取…

  • 最長政権 安倍最長政権の終焉は?

    モリ・カケ・サクラでは辞められぬ 秋の“禅譲”なく、来秋まで任期全うか 憲政史上最長の称号を得た政権もいつかは終焉の時を迎える。早ければ東京五輪・パラリンピック…

  • 地域遺産 観光振興と地域活性化へ活用

    自治体が独自の登録制度 国内には、従来の文化財保護制度などで守られる文化財などに該当しないものの、地域で大事に伝えられてきているさまざまな文化遺産や自然遺産があ…

  • 地域起業 活躍する地域おこし協力隊の卒業生

     都市部から過疎地などに生活の拠点を移し地域協力活動をしながら定住・定着を目指す総務省の「地域おこし協力隊」制度が2009年度にスタートして丸10年。発足当初は…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  2. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  3. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです