メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

  • ワクチンをめぐって=山田孝男

     新型コロナウイルス対策のワクチン、分からないことだらけである。 にもかかわらず、河野太郎・行政改革担当相の指揮の下、<1億総接種>を急がなければならない――と…

  • 「コロナ後」の政治=山田孝男

     新型コロナウイルスで巣ごもりの冬、「民主主義とは何か」(講談社現代新書、昨年10月刊)という本がよく売れている。 著者は、菅義偉首相が日本学術会議会員への任命…

  • 建設的ジャーナリズム=山田孝男

     デジタル記事のページビュー(どの記事が読まれているか)は新聞の編集方針を左右するか? そう聞かれた米ニューヨーク・タイムズ紙の編集幹部がこう答えた。 「我々は…

  • 脱炭素予算の舞台裏=山田孝男

     脱炭素は歴史的、国際的な要請であり、公約に掲げた菅義偉首相が間違っているとは思わない。 だが、「2兆円基金」で企業の環境投資を促す手法には疑問が多い。 基金は…

  • こわもての孤立=山田孝男

     官房長官時代の菅義偉語録に「権力は快感」――というものがある。 毎日新聞政治部の前官房長官番記者、秋山信一(現外信部)が「菅義偉とメディア」(毎日新聞出版12…

  • 尖閣、なぜ日本領か=山田孝男

     尖閣諸島に中国公船が押し寄せるのは「日本の漁船が入ってくるから」だと中国の王毅外相が言った(11月24日、日中外相会談後の共同記者発表)。 耳を疑うとはこのこ…

  • 屁みたいな事件=山田孝男

     晩秋の国会に「桜を見る会」問題が戻ってきた。 東京地検特捜部が安倍晋三前首相の秘書らを任意で聴取――と読売新聞がすっぱ抜いた(23日)。 市民団体の告発に基づ…

  • 勝つと思うな=山田孝男

     以前から腑(ふ)に落ちない決まり文句がある。 「人類がウイルスに打ち勝った証しとして、東京オリンピック・パラリンピック大会を開く」という首相の決意表明である。…

  • 人材の登用について=山田孝男

     例によって世論は割れている。かたや「学問の自由に対する侵害」の声。反対側には「学者にも問題があり、一概に擁護できぬ」という声がある――。 菅義偉首相が、日本学…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです