メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

布施広専門編集委員が国際政治の真相に迫ります。

  • 救世主?トランプ氏

     数ある陰謀論の中でも有名なのは「シオンの長老の議定書」だろう。20世紀初頭、帝政ロシアの反ユダヤ主義者が作成したと言われ、ユダヤ人が世界征服を狙って実現するま…

    (2018年9月14日 03:16)

  • 真珠湾を忘れない

     米紙ワシントン・ポストによると、トランプ米大統領は安倍晋三首相との6月の会談で「真珠湾(攻撃)を忘れていない」と語ったそうだ。 これに対し菅義偉官房長官は「指…

    (2018年9月7日 02:02)

  • 「やってまった」は厳禁

     NHKの朝ドラの主人公が「やってまった」と悔やむのはほほえましいが、米トランプ政権が北朝鮮政策で失敗するのは笑えない。米朝交渉が進まないまま、また緊張が高まっ…

    (2018年8月31日 02:03)

  • 大統領のNワード

     梶井基次郎の「檸檬」は京都の有名な書店が舞台だ。当時は洋書の輸入をもっぱら引き受けていた、その書店の一角で「私」は本を積み上げ、てっぺんにレモンを置いて出てく…

    (2018年8月24日 02:02)

  • すべての戦闘の母

     イランのロウハニ大統領が7月下旬、獅子の尾をもてあそぶなと米トランプ政権に警告し、イランとの戦いは「すべての戦争の母になる」と語った。心臓に悪い言葉である。 …

    (2018年8月17日 02:14)

  • 北朝鮮からイラン

     「宿題済んだらおやつあげる」と母親が言うと、子供は「おやつくれたら宿題やるよ」。そこで少しだけあげると、子供は「もっともっと」。それを見ていた親戚たちが「そう…

    (2018年8月10日 02:02)

  • つらい鎮魂の季節

     反核運動を続ける川崎哲(あきら)さんから新著をいただいた。「核兵器はなくせる」(岩波ジュニア新書)。ご承知のように、ノーベル平和賞を受けた核兵器廃絶国際キャン…

    (2018年8月3日 02:10)

  • 「虐暑」の夏に思う

     早朝。愛犬と木陰の道を歩くうちに、白い捕虫網を持った2人の少年と出会った。小学生の兄弟らしく、時々木の枝に捕虫網をかぶせては楽しげに笑い合っている。 私もささ…

    (2018年7月27日 02:04)

  • 米最高裁が心配だ

     2000年の米大統領選をご記憶の方も多いだろう。ブッシュ・テキサス州知事(共和党)とゴア副大統領(民主党)が大接戦を演じフロリダ州では疑問票の再集計が延々と続…

    (2018年7月20日 02:03)

  • 米朝は仕切り直せ

     ほぼ1カ月前(6月12日)に米朝首脳会談が開かれた時、多くの日本人は思ったのではないか。北朝鮮は核を捨てて経済発展をめざす戦略的な決断をした。日本も国際支援の…

    (2018年7月13日 02:04)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです