特集 Gender×JAPAN

特集

Gender×JAPAN

東京五輪を前に次々と明らかになった日本の深刻なジェンダーギャップ。意識のアップデートのために何が必要?

  • ピックアップ
  • 新着記事
  • 基礎からわかる

ピックアップ

新着記事

基礎からわかる

 スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム」(WEF)は3月31日、世界各国の男女格差を測る「ジェンダーギャップ指数」の最新ランキングを発表した。2020年の日本の順位は156カ国中120位。119位はアフリカの産油国で長期独裁政権が続いたアンゴラだった。過去最低となった19年の153カ国中121位より一つ向上したが、過去2番目に低い順位だった。政治、経済分野の男女格差が改善されず、主要7カ国(G7)中でも最低だった。

日本のジェンダーギャップ指数

順位/対象国 スコア 分野別
経済 政治 教育 健康
2020 120/156 0.656 0.604 0.061 0.983 0.973
2019 121/153 0.652 0.598 0.049 0.983 0.979
2018 110/149 0.662 0.595 0.081 0.994 0.979
2017 114/144 0.657 0.580 0.078 0.991 0.980

 ※指数は、0が完全不平等、1が完全平等を示す。

取り残された日本

 WEFは06年からジェンダーギャップ指数の年次報告書を発表。日本の順位は、06年115カ国中80位▽10年134カ国中94位▽18年149カ国中110位――と右肩下がりの傾向が続く。一方、順位のもととなる平等達成率そのものは06年の64・5%からほとんど変わっていない。女性の政治進出に詳しい上智大の三浦まり教授(政治学)は「国内の格差がこの15年間改善されない中、世界全体でジェンダー平等への取り組みが進み日本が取り残されている」と指摘している。

話題のキーワード

連載

連載一覧

新着記事

もっと見る

あわせて読みたい

注目の特集