これまでの「今年の漢字」を振り返る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/26]
  • 【2020年の今年の漢字「密」】今年の漢字を揮毫する清水寺の森清範貫主。新型コロナウイルスの3密回避などで用いられた「密」が選ばれた=京都市東山区で2020年12月14日午後2時8分(代表撮影)
    【2020年の今年の漢字「密」】今年の漢字を揮毫する清水寺の森清範貫主。新型コロナウイルスの3密回避などで用いられた「密」が選ばれた=京都市東山区で2020年12月14日午後2時8分(代表撮影) 記事本文を読む
  • 【2019年の今年の漢字「令」】今年の漢字を揮毫する清水寺の森清範貫主。新元号にも使われた「令」に決まった=京都市東山区で、川平愛撮影
    【2019年の今年の漢字「令」】今年の漢字を揮毫する清水寺の森清範貫主。新元号にも使われた「令」に決まった=京都市東山区で、川平愛撮影 記事本文を読む
  • 【2018年の今年の漢字「災」】西日本豪雨や大阪北部地震、台風21号、北海道胆振地方を震源とする地震などが相次いだ=京都市東山区で2018年12月12日、川平愛撮影
    【2018年の今年の漢字「災」】西日本豪雨や大阪北部地震、台風21号、北海道胆振地方を震源とする地震などが相次いだ=京都市東山区で2018年12月12日、川平愛撮影 記事本文を読む
  • 【2017年の今年の漢字「北」】「北」朝鮮の核・ミサイルの脅威のほか、九州「北」部豪雨▽大谷翔平選手の大リーグ移籍や早稲田実業・清宮幸太郎選手の入団などで注目が集まった「北」海道日本ハムファイターズ▽競馬で「キタ」サンブラックが大活躍――など=京都市東山区で2017年12月12日、小松雄介撮影
    【2017年の今年の漢字「北」】「北」朝鮮の核・ミサイルの脅威のほか、九州「北」部豪雨▽大谷翔平選手の大リーグ移籍や早稲田実業・清宮幸太郎選手の入団などで注目が集まった「北」海道日本ハムファイターズ▽競馬で「キタ」サンブラックが大活躍――など=京都市東山区で2017年12月12日、小松雄介撮影 記事本文を読む
  • 【2016年の今年の漢字「金」】リオロ五輪での「金」メダルラッシュ、舛添要一・前東京都知事の政治資金など政治と「金(カネ)」を巡る問題、マイナス「金」利の初導入などが理由=京都市東山区の清水寺で2016年12月12日、小松雄介撮影
    【2016年の今年の漢字「金」】リオロ五輪での「金」メダルラッシュ、舛添要一・前東京都知事の政治資金など政治と「金(カネ)」を巡る問題、マイナス「金」利の初導入などが理由=京都市東山区の清水寺で2016年12月12日、小松雄介撮影 記事本文を読む
  • 【2015年の今年の漢字「安」】安倍内閣のもとで安全保障関連法案の是非が議論された。また頻発するテロや異常気象で安全が脅かされ、人々を不安にさせた=京都市東山区の清水寺で2015年12月15日、小松雄介撮影
    【2015年の今年の漢字「安」】安倍内閣のもとで安全保障関連法案の是非が議論された。また頻発するテロや異常気象で安全が脅かされ、人々を不安にさせた=京都市東山区の清水寺で2015年12月15日、小松雄介撮影 記事本文を読む
  • 【2014年の今年の漢字「税」】消費税が8%に上がり、生活に影響が出たことを反映=京都市東山区の清水寺で2014年12月12日、西本勝撮影
    【2014年の今年の漢字「税」】消費税が8%に上がり、生活に影響が出たことを反映=京都市東山区の清水寺で2014年12月12日、西本勝撮影 記事本文を読む
  • 【2013年の今年の漢字「輪」】東京五輪の開催決定のほか、富士山の世界文化遺産登録などに向け日本全体のチームワークが実った=京都市東山区の清水寺で2013年12月12日、森園道子撮影
    【2013年の今年の漢字「輪」】東京五輪の開催決定のほか、富士山の世界文化遺産登録などに向け日本全体のチームワークが実った=京都市東山区の清水寺で2013年12月12日、森園道子撮影 記事本文を読む
  • 【2012年の今年の漢字「金」】ロンドン五輪での日本選手の活躍や金環日食、山中伸弥・京大教授がノーベル賞受賞=京都市東山区の清水寺で2012年12月12日、森園道子撮影
    【2012年の今年の漢字「金」】ロンドン五輪での日本選手の活躍や金環日食、山中伸弥・京大教授がノーベル賞受賞=京都市東山区の清水寺で2012年12月12日、森園道子撮影 記事本文を読む
  • 【2011年の今年の漢字「絆」】東日本大震災やタイの洪水など国内外で大きな自然災害が相次ぎ、人のつながりの大切さを改めて感じたことや、サッカー女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」のチームワークが主な理由=京都市の清水寺で2011年12月12日、森園道子撮影
    【2011年の今年の漢字「絆」】東日本大震災やタイの洪水など国内外で大きな自然災害が相次ぎ、人のつながりの大切さを改めて感じたことや、サッカー女子W杯で初優勝した「なでしこジャパン」のチームワークが主な理由=京都市の清水寺で2011年12月12日、森園道子撮影 記事本文を読む
  • 【2010年の今年の漢字「暑」】夏は記録的な猛暑に襲われた=京都市東山区の清水寺で2010年12月10日、望月亮一撮影
    【2010年の今年の漢字「暑」】夏は記録的な猛暑に襲われた=京都市東山区の清水寺で2010年12月10日、望月亮一撮影 記事本文を読む
  • 【2009年の今年の漢字「新」】鳩山新政権の誕生や米オバマ新大統領就任、新型インフルエンザの猛威。過去最多の投票になった背景には、漢検の前理事長親子による背任事件への注目も=京都市東山区の清水寺で2009年12月11日、望月亮一撮影
    【2009年の今年の漢字「新」】鳩山新政権の誕生や米オバマ新大統領就任、新型インフルエンザの猛威。過去最多の投票になった背景には、漢検の前理事長親子による背任事件への注目も=京都市東山区の清水寺で2009年12月11日、望月亮一撮影 記事本文を読む
  • 【2008年の今年の漢字「変」】オバマ氏が当選した米大統領選や金融危機、気候異変など「変化」を象徴した=京都市東山区の清水寺で2008年12月12日、望月亮一撮影
    【2008年の今年の漢字「変」】オバマ氏が当選した米大統領選や金融危機、気候異変など「変化」を象徴した=京都市東山区の清水寺で2008年12月12日、望月亮一撮影 記事本文を読む
  • 【2007年の今年の漢字「偽」】食品偽装問題など暮らしに直結する「偽り」に高い関心が寄せられた=京都市東山区の清水寺で2007年12月12日、望月亮一撮影
    【2007年の今年の漢字「偽」】食品偽装問題など暮らしに直結する「偽り」に高い関心が寄せられた=京都市東山区の清水寺で2007年12月12日、望月亮一撮影 記事本文を読む
  • 【2006年の今年の漢字「命」】森清範貫主が一気に書き上げた今年の一字「命」=京都市東山区の清水寺で2006年12月12日午後2時すぎ、懸尾公治撮影
    【2006年の今年の漢字「命」】森清範貫主が一気に書き上げた今年の一字「命」=京都市東山区の清水寺で2006年12月12日午後2時すぎ、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2005年の今年の漢字「愛」】黒田慶樹さんと清子さんの結婚や被災地への世界中からの支援、各界の「アイちゃん」が活躍した=京都市東山区の清水寺で2005年12月12日、懸尾公治撮影
    【2005年の今年の漢字「愛」】黒田慶樹さんと清子さんの結婚や被災地への世界中からの支援、各界の「アイちゃん」が活躍した=京都市東山区の清水寺で2005年12月12日、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2004年の今年の漢字「災」】新潟県中越地震や台風上陸など天災のほか、イラクでの人質殺害や子どもの殺害事件が相次いだ=京都市東山区の清水寺で2004年12月13日、懸尾公治撮影
    【2004年の今年の漢字「災」】新潟県中越地震や台風上陸など天災のほか、イラクでの人質殺害や子どもの殺害事件が相次いだ=京都市東山区の清水寺で2004年12月13日、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2003年の今年の漢字「虎」】阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝した=京都市東山区の清水寺で2003年12月12日、懸尾公治撮影
    【2003年の今年の漢字「虎」】阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝した=京都市東山区の清水寺で2003年12月12日、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2002年の今年の漢字「帰」】北朝鮮から帰国した拉致被害者の「永住帰国を願って」などの声が目立った=京都市東山区の清水寺で2002年12月12日、懸尾公治撮影
    【2002年の今年の漢字「帰」】北朝鮮から帰国した拉致被害者の「永住帰国を願って」などの声が目立った=京都市東山区の清水寺で2002年12月12日、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2001年の今年の漢字「戦」】米同時多発テロや対テロ戦争、リストラや狂牛病との戦い、イチロー選手らの戦いの末の大記録樹立が理由=京都市東山区の清水寺で2001年12月12日、懸尾公治撮影
    【2001年の今年の漢字「戦」】米同時多発テロや対テロ戦争、リストラや狂牛病との戦い、イチロー選手らの戦いの末の大記録樹立が理由=京都市東山区の清水寺で2001年12月12日、懸尾公治撮影 記事本文を読む
  • 【2000年の今年の漢字「金」】金大中・金正日両首脳の会談やシドニー五輪の金メダル、金髪ファッションも流行した=京都市東山区の清水寺で2000年12月12日、山田耕司撮影
    【2000年の今年の漢字「金」】金大中・金正日両首脳の会談やシドニー五輪の金メダル、金髪ファッションも流行した=京都市東山区の清水寺で2000年12月12日、山田耕司撮影 記事本文を読む
  • 【1999年の今年の漢字「末」】茨城県東海村の臨界事故や警察の不祥事など、世も末と感じさせる事件、事故が続いた=京都市東山区の清水寺でで1999年12月11日、尾籠章裕撮影
    【1999年の今年の漢字「末」】茨城県東海村の臨界事故や警察の不祥事など、世も末と感じさせる事件、事故が続いた=京都市東山区の清水寺でで1999年12月11日、尾籠章裕撮影 記事本文を読む
  • 【1998年の今年の漢字「毒」】和歌山のカレー事件など毒物混入事件が相次いだほか、猛毒のダイオキシンや環境ホルモン汚染、防衛庁や金融機関など政治・経済も毒に侵され、日本全体が毒にまみれた印象が強かった=京都市東山区の清水寺で1998年12月12日、尾籠章裕撮影
    【1998年の今年の漢字「毒」】和歌山のカレー事件など毒物混入事件が相次いだほか、猛毒のダイオキシンや環境ホルモン汚染、防衛庁や金融機関など政治・経済も毒に侵され、日本全体が毒にまみれた印象が強かった=京都市東山区の清水寺で1998年12月12日、尾籠章裕撮影 記事本文を読む
  • 【1997年の今年の漢字「倒」】金融機関の「倒」産が相次ぐ一方で、サッカー日本代表チームがイランを「倒」して、ワールドカップ出場を決めた=京都市東山区の清水寺で1997年12月12日撮影
    【1997年の今年の漢字「倒」】金融機関の「倒」産が相次ぐ一方で、サッカー日本代表チームがイランを「倒」して、ワールドカップ出場を決めた=京都市東山区の清水寺で1997年12月12日撮影 記事本文を読む
  • 【1996年の今年の漢字「食」】病原性大腸菌O157の集団食中毒や汚職事件が多発した=京都市東山区の清水寺で1996年12月12日撮影
    【1996年の今年の漢字「食」】病原性大腸菌O157の集団食中毒や汚職事件が多発した=京都市東山区の清水寺で1996年12月12日撮影 記事本文を読む
  • 【1995年の今年の漢字「震」】阪神大震災、オウム事件など大事件・大事故が相次いだ=京都市東山区の清水寺で1995年12月12日、懸尾公治撮影
    【1995年の今年の漢字「震」】阪神大震災、オウム事件など大事件・大事故が相次いだ=京都市東山区の清水寺で1995年12月12日、懸尾公治撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集