メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェルノブイリ原発

爆発事故30年 廃炉計画立たず

1枚目/13枚中

1986年4月26日に爆発事故が起きたチェルノブイリ原発4号機。現在は「石棺」と呼ばれるコンクリート製シェルターで覆われているが、老朽化が目立つ。隣接地では金属製の新シェルターの工事が続いており、関係者が行き交う=チェルノブイリ(ウクライナ北部)で2016年2月10日、真野森作撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 日本人の性器は特別? 包茎こそ自然なのです
  2. 寝屋川監禁死 インターホン電池抜かれたまま
  3. プロ野球 DeNAのラミレス監督、日本国籍取得へ
  4. 正月特集 関西新時代・2018 2025大阪万博? 吹くか夢呼ぶ風
  5. 綱の失墜 日馬富士暴行問題/下 重し消え、変節する白鵬 崩れる伝統・秩序

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです