メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェルノブイリ原発

爆発事故30年 廃炉計画立たず

1枚目/13枚中

1986年4月26日に爆発事故が起きたチェルノブイリ原発4号機。現在は「石棺」と呼ばれるコンクリート製シェルターで覆われているが、老朽化が目立つ。隣接地では金属製の新シェルターの工事が続いており、関係者が行き交う=チェルノブイリ(ウクライナ北部)で2016年2月10日、真野森作撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 受験者をランク付け 東京医大裏口リスト
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです