メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェルノブイリ原発

爆発事故30年 廃炉計画立たず

6枚目/13枚中

1986年に事故が起きたチェルノブイリ原発に隣接する人工都市プリピャチにある、文化施設の廃虚。色鮮やかな壁画も朽ち始めている。約5万人が暮らす豊かな「原発城下町」は事故後、ゴーストタウンになった=プリピャチ(ウクライナ北部)で2016年2月10日、真野森作撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです