熊本地震

車中避難ケア急務…エコノミー症候群、初の死者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[13/15]
  • 避難所となっている小学校にとめた車の中で寝るため準備をする森幸一さん(82)(右)と妻の恵子さん(77)。多くの人が過ごす体育館(右奥)や校舎は「知らない人も多いし、寒そうだから」と車中泊を続けている。自宅は停電が続き、恵子さんは「年寄りにはこたえる。復旧が待ち遠しい」と話した=熊本県阿蘇市の市立一の宮小学校で2016年4月19日午後7時21分、和田大典撮影
    避難所となっている小学校にとめた車の中で寝るため準備をする森幸一さん(82)(右)と妻の恵子さん(77)。多くの人が過ごす体育館(右奥)や校舎は「知らない人も多いし、寒そうだから」と車中泊を続けている。自宅は停電が続き、恵子さんは「年寄りにはこたえる。復旧が待ち遠しい」と話した=熊本県阿蘇市の市立一の宮小学校で2016年4月19日午後7時21分、和田大典撮影 記事本文を読む
  • 車中泊をする車とテントを利用して干した洗濯物を取り込む女性=熊本県益城町で2016年4月19日午後4時33分、久保玲撮影
    車中泊をする車とテントを利用して干した洗濯物を取り込む女性=熊本県益城町で2016年4月19日午後4時33分、久保玲撮影 記事本文を読む
  • 支援物資が入った段ボールに書かれたメッセージ=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時56分、久保玲撮影
    支援物資が入った段ボールに書かれたメッセージ=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時56分、久保玲撮影 記事本文を読む
  • 余震が続く中、多くの人が避難している南阿蘇中体育館=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時2分、徳野仁子撮影
    余震が続く中、多くの人が避難している南阿蘇中体育館=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時2分、徳野仁子撮影 記事本文を読む
  • 安否不明者の捜索をする警察犬(中央)=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後3時46分、西本勝撮影
    安否不明者の捜索をする警察犬(中央)=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後3時46分、西本勝撮影 記事本文を読む
  • 土砂崩れがあった現場を訪れ、顔を手で覆う安否不明者の前田友光さんの次男友次さん=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後0時13分、西本勝撮影
    土砂崩れがあった現場を訪れ、顔を手で覆う安否不明者の前田友光さんの次男友次さん=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後0時13分、西本勝撮影 記事本文を読む
  • 多くの家屋が全半壊した益城町の市街地。日ごとに屋根を覆うビニールシートの数が増えている=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時49分、本社ヘリから矢頭智剛撮影
    多くの家屋が全半壊した益城町の市街地。日ごとに屋根を覆うビニールシートの数が増えている=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時49分、本社ヘリから矢頭智剛撮影 記事本文を読む
  • 倒壊した家の瓦礫が散乱する生活道路を歩きやすくするため、ブロックや石を瓦礫の上に敷く高校2年生の富田知之さん(左)と西優哉さん。倒壊寸前の自宅は危険で入れないため片付けもできないという2人は「避難所の総合体育館から歩く人や自転車で来る人たちが安全に通れるように始めました」と話してくれた=熊本県益城町寺迫で2016年4月19日午後0時49分、兵藤公治撮影
    倒壊した家の瓦礫が散乱する生活道路を歩きやすくするため、ブロックや石を瓦礫の上に敷く高校2年生の富田知之さん(左)と西優哉さん。倒壊寸前の自宅は危険で入れないため片付けもできないという2人は「避難所の総合体育館から歩く人や自転車で来る人たちが安全に通れるように始めました」と話してくれた=熊本県益城町寺迫で2016年4月19日午後0時49分、兵藤公治撮影 記事本文を読む
  • 避難先の姉の家へ持って行くため、近所の庭から出る湧き水をペットボトルへ入れる伊藤恭子さん(右)と彩世さん親子。母親の恭子さんは「断水中のため、トイレや食事の準備に助かっています」と話してくれた=熊本県益城町安永で2016年4月19日午前10時11分、兵藤公治撮影
    避難先の姉の家へ持って行くため、近所の庭から出る湧き水をペットボトルへ入れる伊藤恭子さん(右)と彩世さん親子。母親の恭子さんは「断水中のため、トイレや食事の準備に助かっています」と話してくれた=熊本県益城町安永で2016年4月19日午前10時11分、兵藤公治撮影 記事本文を読む
  • 営業を再開したガソリンスタンドに並ぶ車の列=熊本県高森町で2016年4月19日午前7時53分、津村豊和撮影
    営業を再開したガソリンスタンドに並ぶ車の列=熊本県高森町で2016年4月19日午前7時53分、津村豊和撮影 記事本文を読む
  • 移動販売車で駆けつけたボランティアのたこ焼きを笑顔で受け取る子どもたち=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時54分、徳野仁子撮影
    移動販売車で駆けつけたボランティアのたこ焼きを笑顔で受け取る子どもたち=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時54分、徳野仁子撮影 記事本文を読む
  • 避難所で娘の陽菜希ちゃんと過ごす畑石智美さん。畑石さんは妊娠7カ月。夜は車で寝るが骨盤が痛み、熟睡できないという。「おなかの子供のためにも栄養のある物を食べたいけど」と話した=熊本県益城町の町立広安小で2016年4月19日午前8時55分、久保玲撮影
    避難所で娘の陽菜希ちゃんと過ごす畑石智美さん。畑石さんは妊娠7カ月。夜は車で寝るが骨盤が痛み、熟睡できないという。「おなかの子供のためにも栄養のある物を食べたいけど」と話した=熊本県益城町の町立広安小で2016年4月19日午前8時55分、久保玲撮影 記事本文を読む
  • 安否不明者の捜索に取りかかれない阿蘇大橋の崩落現場=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後3時4分、本社ヘリから矢頭智剛撮影
    安否不明者の捜索に取りかかれない阿蘇大橋の崩落現場=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後3時4分、本社ヘリから矢頭智剛撮影 記事本文を読む
  • 安否不明者の捜索に向かう自衛隊員=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後6時31分、西本勝撮影
    安否不明者の捜索に向かう自衛隊員=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後6時31分、西本勝撮影 記事本文を読む
  • 24時間体制で続く安否不明者の捜索=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後7時半、西本勝撮影
    24時間体制で続く安否不明者の捜索=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後7時半、西本勝撮影 記事本文を読む
  • 避難所となっている小学校にとめた車の中で寝るため準備をする森幸一さん(82)(右)と妻の恵子さん(77)。多くの人が過ごす体育館(右奥)や校舎は「知らない人も多いし、寒そうだから」と車中泊を続けている。自宅は停電が続き、恵子さんは「年寄りにはこたえる。復旧が待ち遠しい」と話した=熊本県阿蘇市の市立一の宮小学校で2016年4月19日午後7時21分、和田大典撮影
  • 車中泊をする車とテントを利用して干した洗濯物を取り込む女性=熊本県益城町で2016年4月19日午後4時33分、久保玲撮影
  • 支援物資が入った段ボールに書かれたメッセージ=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時56分、久保玲撮影
  • 余震が続く中、多くの人が避難している南阿蘇中体育館=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時2分、徳野仁子撮影
  • 安否不明者の捜索をする警察犬(中央)=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後3時46分、西本勝撮影
  • 土砂崩れがあった現場を訪れ、顔を手で覆う安否不明者の前田友光さんの次男友次さん=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後0時13分、西本勝撮影
  • 多くの家屋が全半壊した益城町の市街地。日ごとに屋根を覆うビニールシートの数が増えている=熊本県益城町で2016年4月19日午後2時49分、本社ヘリから矢頭智剛撮影
  • 倒壊した家の瓦礫が散乱する生活道路を歩きやすくするため、ブロックや石を瓦礫の上に敷く高校2年生の富田知之さん(左)と西優哉さん。倒壊寸前の自宅は危険で入れないため片付けもできないという2人は「避難所の総合体育館から歩く人や自転車で来る人たちが安全に通れるように始めました」と話してくれた=熊本県益城町寺迫で2016年4月19日午後0時49分、兵藤公治撮影
  • 避難先の姉の家へ持って行くため、近所の庭から出る湧き水をペットボトルへ入れる伊藤恭子さん(右)と彩世さん親子。母親の恭子さんは「断水中のため、トイレや食事の準備に助かっています」と話してくれた=熊本県益城町安永で2016年4月19日午前10時11分、兵藤公治撮影
  • 営業を再開したガソリンスタンドに並ぶ車の列=熊本県高森町で2016年4月19日午前7時53分、津村豊和撮影
  • 移動販売車で駆けつけたボランティアのたこ焼きを笑顔で受け取る子どもたち=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後5時54分、徳野仁子撮影
  • 避難所で娘の陽菜希ちゃんと過ごす畑石智美さん。畑石さんは妊娠7カ月。夜は車で寝るが骨盤が痛み、熟睡できないという。「おなかの子供のためにも栄養のある物を食べたいけど」と話した=熊本県益城町の町立広安小で2016年4月19日午前8時55分、久保玲撮影
  • 安否不明者の捜索に取りかかれない阿蘇大橋の崩落現場=熊本県南阿蘇村で2016年4月19日午後3時4分、本社ヘリから矢頭智剛撮影
  • 安否不明者の捜索に向かう自衛隊員=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後6時31分、西本勝撮影
  • 24時間体制で続く安否不明者の捜索=熊本県南阿蘇村河陽で2016年4月19日午後7時半、西本勝撮影

あわせて読みたい

ニュース特集