写真特集

大谷翔平の軌跡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[16/45]
  • センバツ出場が決まりチームメートと喜ぶ花巻東の大谷翔平投手(中央)=岩手県花巻市で2012年1月27日、宮間俊樹撮影
    センバツ出場が決まりチームメートと喜ぶ花巻東の大谷翔平投手(中央)=岩手県花巻市で2012年1月27日、宮間俊樹撮影
  • 雪の積もったグラウンドでランニングする選手たち。左手前は大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
    雪の積もったグラウンドでランニングする選手たち。左手前は大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
  • 大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
    大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
  • 第84回センバツ高校野球。花巻東は初戦で大阪桐蔭対決。大阪桐蔭の先発は現在阪神タイガースで活躍する藤浪晋太郎(右)。大谷翔平(左)は11与四死球と制球を乱し、九回途中、9失点173球で降板した。一方藤浪は、12奪三振で完投。9-2で大阪桐蔭が勝った=甲子園球場で2012年3月21日
    第84回センバツ高校野球。花巻東は初戦で大阪桐蔭対決。大阪桐蔭の先発は現在阪神タイガースで活躍する藤浪晋太郎(右)。大谷翔平(左)は11与四死球と制球を乱し、九回途中、9失点173球で降板した。一方藤浪は、12奪三振で完投。9-2で大阪桐蔭が勝った=甲子園球場で2012年3月21日
  • 第94回全国高校野球岩手大会準決勝の一関学院戦で大谷翔平が160キロの速球を計測。観客からはどよめきが起きた。大谷は試合後「160という数字は入学当時から目標にしてきた」と喜んだ=盛岡市の県営野球場で2012年7月19日午後1時34分、浅野孝仁撮影
    第94回全国高校野球岩手大会準決勝の一関学院戦で大谷翔平が160キロの速球を計測。観客からはどよめきが起きた。大谷は試合後「160という数字は入学当時から目標にしてきた」と喜んだ=盛岡市の県営野球場で2012年7月19日午後1時34分、浅野孝仁撮影
  • 第94回全国高校野球岩手大会決勝の盛岡大付戦。大谷は15三振を奪ったが制球が定まらず、5失点。この日の最速156キロも痛打された。試合後大谷は「自分の力がなかった」と声を震わせた=盛岡市の岩手県営野球場で2012年7月26日、藤田健志撮影
    第94回全国高校野球岩手大会決勝の盛岡大付戦。大谷は15三振を奪ったが制球が定まらず、5失点。この日の最速156キロも痛打された。試合後大谷は「自分の力がなかった」と声を震わせた=盛岡市の岩手県営野球場で2012年7月26日、藤田健志撮影
  • 18U世界野球選手権出場のため韓国に向かう大阪桐蔭の藤浪晋太郎(中央)や花巻東の大谷翔平(中央左)ら日本代表の選手たち=関西国際空港で2012年8月28日午後1時17分、金澤稔撮影
    18U世界野球選手権出場のため韓国に向かう大阪桐蔭の藤浪晋太郎(中央)や花巻東の大谷翔平(中央左)ら日本代表の選手たち=関西国際空港で2012年8月28日午後1時17分、金澤稔撮影
  • プロ志望届にサインした大谷翔平選手。既に複数の米大リーグ球団から誘いを受けており、日本球界かメジャーかは「まだ五分五分」という=花巻市の花巻東高校で2012年9月18日午後4時8分、浅野孝仁撮影
    プロ志望届にサインした大谷翔平選手。既に複数の米大リーグ球団から誘いを受けており、日本球界かメジャーかは「まだ五分五分」という=花巻市の花巻東高校で2012年9月18日午後4時8分、浅野孝仁撮影
  • メジャー挑戦を表明し、報道陣に囲まれる花巻東の大谷翔平(右から2人目)。日本では前例のない選択だけに困難が予想され「覚悟して行かないといけない」と話した=岩手県花巻市で2012年10月21日、小川昌宏撮影
    メジャー挑戦を表明し、報道陣に囲まれる花巻東の大谷翔平(右から2人目)。日本では前例のない選択だけに困難が予想され「覚悟して行かないといけない」と話した=岩手県花巻市で2012年10月21日、小川昌宏撮影
  • 大リーグ挑戦を表明したが、日本ハムに1位指名され、記者に囲まれて思いを語る花巻東の大谷翔平投手(中央)「指名され、評価されたのはうれしいが、アメリカでやりたい気持ちは変わらない」と米大リーグ挑戦の意思に変化がないことを強調した=岩手県花巻市で2012年10月25日午後5時36分、小川昌宏撮影
    大リーグ挑戦を表明したが、日本ハムに1位指名され、記者に囲まれて思いを語る花巻東の大谷翔平投手(中央)「指名され、評価されたのはうれしいが、アメリカでやりたい気持ちは変わらない」と米大リーグ挑戦の意思に変化がないことを強調した=岩手県花巻市で2012年10月25日午後5時36分、小川昌宏撮影
  • 日本ハムとの交渉を終え、栗山英樹監督の見送りを受ける大谷翔平投手=岩手県奥州市水沢区で2012年11月26日、浅野孝仁撮影
    日本ハムとの交渉を終え、栗山英樹監督の見送りを受ける大谷翔平投手=岩手県奥州市水沢区で2012年11月26日、浅野孝仁撮影
  • 交渉終了後、大谷投手(左から2人目)に声をかける栗山英樹監督=奥州市水沢区で2012年12月3日午後7時14分、浅野孝仁撮影
    交渉終了後、大谷投手(左から2人目)に声をかける栗山英樹監督=奥州市水沢区で2012年12月3日午後7時14分、浅野孝仁撮影
  • 「今までお世話になった方や地元の方に日本でプレーする姿を見てもらい、少しでも恩返ししたい」と話し、日本ハム入りを表明。交渉を重ねるうちに大谷は日本ハム入りへと心境に変化が生じた。「今の段階では、あちら(米球界)に行っても活躍できる選手ではない」と、冷静に物事をとらえる大谷の性格も重なり、最終決断に至った=岩手県奥州市で2012年12月9日、小川昌宏撮影
    「今までお世話になった方や地元の方に日本でプレーする姿を見てもらい、少しでも恩返ししたい」と話し、日本ハム入りを表明。交渉を重ねるうちに大谷は日本ハム入りへと心境に変化が生じた。「今の段階では、あちら(米球界)に行っても活躍できる選手ではない」と、冷静に物事をとらえる大谷の性格も重なり、最終決断に至った=岩手県奥州市で2012年12月9日、小川昌宏撮影
  • 背番号11のユニホームを着てこぶしを握る大谷翔平。日本ハムからは投手と打者の「二刀流」育成プランが提示されており、「投手としても打者としても日本一を目指し、チームに貢献したい」と思いを込めた=札幌市内で2012年12月25日、梅田麻衣子撮影
    背番号11のユニホームを着てこぶしを握る大谷翔平。日本ハムからは投手と打者の「二刀流」育成プランが提示されており、「投手としても打者としても日本一を目指し、チームに貢献したい」と思いを込めた=札幌市内で2012年12月25日、梅田麻衣子撮影
  • 開幕戦は8番・右翼として先発出場。4打数2安打1打点でヒーローインタビューに応える大谷翔平=西武ドームで2013年3月29日、西本勝撮影
    開幕戦は8番・右翼として先発出場。4打数2安打1打点でヒーローインタビューに応える大谷翔平=西武ドームで2013年3月29日、西本勝撮影
  • 投手としての一軍デビューは5月24日のヤクルト戦。最速157キロを記録した=札幌市豊平区の札幌ドームで2013年5月23日、梅田麻衣子撮影
    投手としての一軍デビューは5月24日のヤクルト戦。最速157キロを記録した=札幌市豊平区の札幌ドームで2013年5月23日、梅田麻衣子撮影
  • 高卒ルーキー対決で阪神・藤浪晋太郎から二塁打を放つ日本ハム・大谷翔平。試合は阪神が7-1で勝利。藤波の7回1失点の好投が光った=阪神甲子園球場で2013年5月26日、小松雄介撮影
    高卒ルーキー対決で阪神・藤浪晋太郎から二塁打を放つ日本ハム・大谷翔平。試合は阪神が7-1で勝利。藤波の7回1失点の好投が光った=阪神甲子園球場で2013年5月26日、小松雄介撮影
  • プロ初勝利を挙げ、勝利球を手に栗山英樹監督(右)と握手する大谷翔平=札幌ドームで2013年6月1日、梅田麻衣子撮影
    プロ初勝利を挙げ、勝利球を手に栗山英樹監督(右)と握手する大谷翔平=札幌ドームで2013年6月1日、梅田麻衣子撮影
  • オールスターゲームに高卒ルーキーで出場した大谷翔平。最速157キロを記録した=札幌ドームで2013年7月19日、貝塚太一撮影
    オールスターゲームに高卒ルーキーで出場した大谷翔平。最速157キロを記録した=札幌ドームで2013年7月19日、貝塚太一撮影
  • 1年目のシーズン後、契約更改を終えて記者会見で紙吹雪を投げる日本ハムの大谷=札幌市豊平区の日本ハム球団事務所で2013年12月3日、貝塚太一撮影
    1年目のシーズン後、契約更改を終えて記者会見で紙吹雪を投げる日本ハムの大谷=札幌市豊平区の日本ハム球団事務所で2013年12月3日、貝塚太一撮影
  • 公式戦初の甲子園球場での登板で160キロを計測。甲子園での思い出について大谷は「悔しい思い出しかなかったが、(今日は)いいイメージが作れた」と話した=阪神甲子園球場で2014年6月18日、山田尚弘撮影
    公式戦初の甲子園球場での登板で160キロを計測。甲子園での思い出について大谷は「悔しい思い出しかなかったが、(今日は)いいイメージが作れた」と話した=阪神甲子園球場で2014年6月18日、山田尚弘撮影
  • オールスターゲームで日本記録タイの162キロを記録。大谷は「真ん中に思い切って投げるだけなので狙っていた。何とか出てよかった」と胸をなで下ろしていた。23球中12球が160キロ台=阪神甲子園球場で2014年7月19日
    オールスターゲームで日本記録タイの162キロを記録。大谷は「真ん中に思い切って投げるだけなので狙っていた。何とか出てよかった」と胸をなで下ろしていた。23球中12球が160キロ台=阪神甲子園球場で2014年7月19日
  • 昨季最終戦の稲葉篤紀の引退試合に先発し、プロ野球公式戦の最速タイとなる162キロを記録した大谷翔平=札幌ドームで2014年10月5日、手塚耕一郎撮影
    昨季最終戦の稲葉篤紀の引退試合に先発し、プロ野球公式戦の最速タイとなる162キロを記録した大谷翔平=札幌ドームで2014年10月5日、手塚耕一郎撮影
  • 成人式に出席した大谷翔平投手=岩手・奥州で2015年1月11日
    成人式に出席した大谷翔平投手=岩手・奥州で2015年1月11日
  • 開幕戦に先発した大谷翔平=札幌ドームで2015年3月27日、手塚耕一郎撮影
    開幕戦に先発した大谷翔平=札幌ドームで2015年3月27日、手塚耕一郎撮影
  • 二刀流をイメージした特製の誕生日ケーキを味わう日本ハムの大谷翔平=仙台市内で2015年7月5日午前11時15分、中村有花撮影
    二刀流をイメージした特製の誕生日ケーキを味わう日本ハムの大谷翔平=仙台市内で2015年7月5日午前11時15分、中村有花撮影
  • オールスターゲームで三塁コーチだった広島の前田健太(手前)とタッチして笑顔の日本ハム・大谷翔平=東京ドームで2015年7月17日、山本晋撮影
    オールスターゲームで三塁コーチだった広島の前田健太(手前)とタッチして笑顔の日本ハム・大谷翔平=東京ドームで2015年7月17日、山本晋撮影
  • 国際大会「プレミア12」準決勝の韓国戦に先発した大谷翔平。7回無失点11奪三振の力投を見せたが、救援陣が九回に打ち込まれて3―4で逆転負けした=東京ドームで2015年11月19日、後藤由耶撮影
    国際大会「プレミア12」準決勝の韓国戦に先発した大谷翔平。7回無失点11奪三振の力投を見せたが、救援陣が九回に打ち込まれて3―4で逆転負けした=東京ドームで2015年11月19日、後藤由耶撮影
  • プロ4年目最速タイの2億円で契約更改した大谷翔平=札幌市豊平区の球団事務所で2015年12月4日午後3時31分、武市公孝撮影
    プロ4年目最速タイの2億円で契約更改した大谷翔平=札幌市豊平区の球団事務所で2015年12月4日午後3時31分、武市公孝撮影
  • 今年を表す漢字「超」を披露する日本ハム・大谷翔平=千葉県鎌ケ谷市内で2016年1月6日午前11時25分、中村有花撮影
    今年を表す漢字「超」を披露する日本ハム・大谷翔平=千葉県鎌ケ谷市内で2016年1月6日午前11時25分、中村有花撮影
  • 2月22日午後2時22分に大谷翔平を開幕投手にすると発表する栗山英樹監督。大谷は「二刀流」を続けており、「2」にこだわっての発表となった=沖縄県名護市で2016年2月22日、江連能弘撮影
    2月22日午後2時22分に大谷翔平を開幕投手にすると発表する栗山英樹監督。大谷は「二刀流」を続けており、「2」にこだわっての発表となった=沖縄県名護市で2016年2月22日、江連能弘撮影
  • オールスターゲームのホームランダービーで優勝し、観客の声援に応える大谷翔平=ヤフオクドームで2016年7月15日、和田大典撮影
    オールスターゲームのホームランダービーで優勝し、観客の声援に応える大谷翔平=ヤフオクドームで2016年7月15日、和田大典撮影
  • 球宴初本塁打など3安打の活躍で最優秀選手賞に選ばれた大谷翔平=横浜スタジアムで2016年7月16日、後藤由耶撮影
    球宴初本塁打など3安打の活躍で最優秀選手賞に選ばれた大谷翔平=横浜スタジアムで2016年7月16日、後藤由耶撮影
  • 日本最速となる164キロを記録した日本ハムの大谷翔平=札幌ドームで2016年9月13日、手塚耕一郎撮影
    日本最速となる164キロを記録した日本ハムの大谷翔平=札幌ドームで2016年9月13日、手塚耕一郎撮影
  • 米大リーグ・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平(左)にメッセージを書いたマウンドのプレートを贈った栗山監督=札幌ドームで2017年12月25日、竹内幹撮影
    米大リーグ・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平(左)にメッセージを書いたマウンドのプレートを贈った栗山監督=札幌ドームで2017年12月25日、竹内幹撮影
  • 米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた=2018年9月21日、AP
    米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた=2018年9月21日、AP
  • 米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた。写真は9月5日テキサス・レンジャーズ戦で本塁打を放つ大谷=2018年9月21日、AP
    米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた。写真は9月5日テキサス・レンジャーズ戦で本塁打を放つ大谷=2018年9月21日、AP
  • 本塁打競争出場後、取材に応じる大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月12日、福永方人撮影
    本塁打競争出場後、取材に応じる大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月12日、福永方人撮影
  • オールスター戦前恒例のレッドカーペットショーでファンの前を歩く大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
    オールスター戦前恒例のレッドカーペットショーでファンの前を歩く大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
  • 米大リーグ・オールスター戦に出場後、取材を受ける大谷翔平選手(中央)=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
    米大リーグ・オールスター戦に出場後、取材を受ける大谷翔平選手(中央)=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
  • 米大リーグのオールスター戦でア・リーグの先発投手として一回に力投するエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
    米大リーグのオールスター戦でア・リーグの先発投手として一回に力投するエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
  • 米大リーグのオールスター戦でア・リーグの1番・指名打者として一回に二ゴロを放つエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
    米大リーグのオールスター戦でア・リーグの1番・指名打者として一回に二ゴロを放つエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
  • 今季最終戦で46号ホームランを放ち、ベンチに迎えられる大谷翔平=2021年10月3日、AP
    今季最終戦で46号ホームランを放ち、ベンチに迎えられる大谷翔平=2021年10月3日、AP
  • 今季最終戦のマリナーズ戦で一回に46号先頭打者本塁打を放った大谷翔平選手=米西部シアトルで2021年10月3日、AP
    今季最終戦のマリナーズ戦で一回に46号先頭打者本塁打を放った大谷翔平選手=米西部シアトルで2021年10月3日、AP
  • マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP
    マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP
  • センバツ出場が決まりチームメートと喜ぶ花巻東の大谷翔平投手(中央)=岩手県花巻市で2012年1月27日、宮間俊樹撮影
  • 雪の積もったグラウンドでランニングする選手たち。左手前は大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
  • 大谷翔平投手=岩手県花巻市の花巻東高校で2012年1月29日、丸山博撮影
  • 第84回センバツ高校野球。花巻東は初戦で大阪桐蔭対決。大阪桐蔭の先発は現在阪神タイガースで活躍する藤浪晋太郎(右)。大谷翔平(左)は11与四死球と制球を乱し、九回途中、9失点173球で降板した。一方藤浪は、12奪三振で完投。9-2で大阪桐蔭が勝った=甲子園球場で2012年3月21日
  • 第94回全国高校野球岩手大会準決勝の一関学院戦で大谷翔平が160キロの速球を計測。観客からはどよめきが起きた。大谷は試合後「160という数字は入学当時から目標にしてきた」と喜んだ=盛岡市の県営野球場で2012年7月19日午後1時34分、浅野孝仁撮影
  • 第94回全国高校野球岩手大会決勝の盛岡大付戦。大谷は15三振を奪ったが制球が定まらず、5失点。この日の最速156キロも痛打された。試合後大谷は「自分の力がなかった」と声を震わせた=盛岡市の岩手県営野球場で2012年7月26日、藤田健志撮影
  • 18U世界野球選手権出場のため韓国に向かう大阪桐蔭の藤浪晋太郎(中央)や花巻東の大谷翔平(中央左)ら日本代表の選手たち=関西国際空港で2012年8月28日午後1時17分、金澤稔撮影
  • プロ志望届にサインした大谷翔平選手。既に複数の米大リーグ球団から誘いを受けており、日本球界かメジャーかは「まだ五分五分」という=花巻市の花巻東高校で2012年9月18日午後4時8分、浅野孝仁撮影
  • メジャー挑戦を表明し、報道陣に囲まれる花巻東の大谷翔平(右から2人目)。日本では前例のない選択だけに困難が予想され「覚悟して行かないといけない」と話した=岩手県花巻市で2012年10月21日、小川昌宏撮影
  • 大リーグ挑戦を表明したが、日本ハムに1位指名され、記者に囲まれて思いを語る花巻東の大谷翔平投手(中央)「指名され、評価されたのはうれしいが、アメリカでやりたい気持ちは変わらない」と米大リーグ挑戦の意思に変化がないことを強調した=岩手県花巻市で2012年10月25日午後5時36分、小川昌宏撮影
  • 日本ハムとの交渉を終え、栗山英樹監督の見送りを受ける大谷翔平投手=岩手県奥州市水沢区で2012年11月26日、浅野孝仁撮影
  • 交渉終了後、大谷投手(左から2人目)に声をかける栗山英樹監督=奥州市水沢区で2012年12月3日午後7時14分、浅野孝仁撮影
  • 「今までお世話になった方や地元の方に日本でプレーする姿を見てもらい、少しでも恩返ししたい」と話し、日本ハム入りを表明。交渉を重ねるうちに大谷は日本ハム入りへと心境に変化が生じた。「今の段階では、あちら(米球界)に行っても活躍できる選手ではない」と、冷静に物事をとらえる大谷の性格も重なり、最終決断に至った=岩手県奥州市で2012年12月9日、小川昌宏撮影
  • 背番号11のユニホームを着てこぶしを握る大谷翔平。日本ハムからは投手と打者の「二刀流」育成プランが提示されており、「投手としても打者としても日本一を目指し、チームに貢献したい」と思いを込めた=札幌市内で2012年12月25日、梅田麻衣子撮影
  • 開幕戦は8番・右翼として先発出場。4打数2安打1打点でヒーローインタビューに応える大谷翔平=西武ドームで2013年3月29日、西本勝撮影
  • 投手としての一軍デビューは5月24日のヤクルト戦。最速157キロを記録した=札幌市豊平区の札幌ドームで2013年5月23日、梅田麻衣子撮影
  • 高卒ルーキー対決で阪神・藤浪晋太郎から二塁打を放つ日本ハム・大谷翔平。試合は阪神が7-1で勝利。藤波の7回1失点の好投が光った=阪神甲子園球場で2013年5月26日、小松雄介撮影
  • プロ初勝利を挙げ、勝利球を手に栗山英樹監督(右)と握手する大谷翔平=札幌ドームで2013年6月1日、梅田麻衣子撮影
  • オールスターゲームに高卒ルーキーで出場した大谷翔平。最速157キロを記録した=札幌ドームで2013年7月19日、貝塚太一撮影
  • 1年目のシーズン後、契約更改を終えて記者会見で紙吹雪を投げる日本ハムの大谷=札幌市豊平区の日本ハム球団事務所で2013年12月3日、貝塚太一撮影
  • 公式戦初の甲子園球場での登板で160キロを計測。甲子園での思い出について大谷は「悔しい思い出しかなかったが、(今日は)いいイメージが作れた」と話した=阪神甲子園球場で2014年6月18日、山田尚弘撮影
  • オールスターゲームで日本記録タイの162キロを記録。大谷は「真ん中に思い切って投げるだけなので狙っていた。何とか出てよかった」と胸をなで下ろしていた。23球中12球が160キロ台=阪神甲子園球場で2014年7月19日
  • 昨季最終戦の稲葉篤紀の引退試合に先発し、プロ野球公式戦の最速タイとなる162キロを記録した大谷翔平=札幌ドームで2014年10月5日、手塚耕一郎撮影
  • 成人式に出席した大谷翔平投手=岩手・奥州で2015年1月11日
  • 開幕戦に先発した大谷翔平=札幌ドームで2015年3月27日、手塚耕一郎撮影
  • 二刀流をイメージした特製の誕生日ケーキを味わう日本ハムの大谷翔平=仙台市内で2015年7月5日午前11時15分、中村有花撮影
  • オールスターゲームで三塁コーチだった広島の前田健太(手前)とタッチして笑顔の日本ハム・大谷翔平=東京ドームで2015年7月17日、山本晋撮影
  • 国際大会「プレミア12」準決勝の韓国戦に先発した大谷翔平。7回無失点11奪三振の力投を見せたが、救援陣が九回に打ち込まれて3―4で逆転負けした=東京ドームで2015年11月19日、後藤由耶撮影
  • プロ4年目最速タイの2億円で契約更改した大谷翔平=札幌市豊平区の球団事務所で2015年12月4日午後3時31分、武市公孝撮影
  • 今年を表す漢字「超」を披露する日本ハム・大谷翔平=千葉県鎌ケ谷市内で2016年1月6日午前11時25分、中村有花撮影
  • 2月22日午後2時22分に大谷翔平を開幕投手にすると発表する栗山英樹監督。大谷は「二刀流」を続けており、「2」にこだわっての発表となった=沖縄県名護市で2016年2月22日、江連能弘撮影
  • オールスターゲームのホームランダービーで優勝し、観客の声援に応える大谷翔平=ヤフオクドームで2016年7月15日、和田大典撮影
  • 球宴初本塁打など3安打の活躍で最優秀選手賞に選ばれた大谷翔平=横浜スタジアムで2016年7月16日、後藤由耶撮影
  • 日本最速となる164キロを記録した日本ハムの大谷翔平=札幌ドームで2016年9月13日、手塚耕一郎撮影
  • 米大リーグ・エンゼルスへの移籍が決まった大谷翔平(左)にメッセージを書いたマウンドのプレートを贈った栗山監督=札幌ドームで2017年12月25日、竹内幹撮影
  • 米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた=2018年9月21日、AP
  • 米大リーグの新人王が日本時間13日に発表され、ア・リーグは投打の「二刀流」でプレーしたエンゼルスの大谷翔平が選ばれた。写真は9月5日テキサス・レンジャーズ戦で本塁打を放つ大谷=2018年9月21日、AP
  • 本塁打競争出場後、取材に応じる大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月12日、福永方人撮影
  • オールスター戦前恒例のレッドカーペットショーでファンの前を歩く大谷翔平選手=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
  • 米大リーグ・オールスター戦に出場後、取材を受ける大谷翔平選手(中央)=米西部コロラド州デンバーのクアーズ・フィールドで2021年7月13日、福永方人撮影
  • 米大リーグのオールスター戦でア・リーグの先発投手として一回に力投するエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
  • 米大リーグのオールスター戦でア・リーグの1番・指名打者として一回に二ゴロを放つエンゼルスの大谷=米コロラド州デンバーで2021年7月13日、AP
  • 今季最終戦で46号ホームランを放ち、ベンチに迎えられる大谷翔平=2021年10月3日、AP
  • 今季最終戦のマリナーズ戦で一回に46号先頭打者本塁打を放った大谷翔平選手=米西部シアトルで2021年10月3日、AP
  • マリナーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平=アナハイムで2021年9月26日、AP

あわせて読みたい

ニュース特集