写真特集

写真で振り返る水俣病

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[11/26]
  • 操業中の新日本窒素(現・チッソ)水俣工場。当時、3800人が働いていたと言われる=1960年4月撮影
    操業中の新日本窒素(現・チッソ)水俣工場。当時、3800人が働いていたと言われる=1960年4月撮影
  • 「死の海」とさえ言われた水俣市の袋湾。手前は17人の患者を出した湯堂地区=熊本県水俣市で1960年10月撮影
    「死の海」とさえ言われた水俣市の袋湾。手前は17人の患者を出した湯堂地区=熊本県水俣市で1960年10月撮影
  • 補償額提示に反対する水俣病患者家族の代表らが遺影を抱いてチッソ本社前に座り込んだ=1970年5月14日撮影
    補償額提示に反対する水俣病患者家族の代表らが遺影を抱いてチッソ本社前に座り込んだ=1970年5月14日撮影
  • 指が曲がったまま自由がきかない水俣病患者の手 =水俣市で1970年5月撮影
    指が曲がったまま自由がきかない水俣病患者の手 =水俣市で1970年5月撮影
  • 厚生省前で座り込み、水俣病患者の写真を掲げて企業責任を追及する「水俣病を告発する会」のメンバーら。中央が「苦海浄土」の著書・石牟礼道子さん=1970年5月25日撮影
    厚生省前で座り込み、水俣病患者の写真を掲げて企業責任を追及する「水俣病を告発する会」のメンバーら。中央が「苦海浄土」の著書・石牟礼道子さん=1970年5月25日撮影
  • 教授陣に対して「水俣病患者放置の責任をとれ」とハンストする熊本大医学部生=熊本市で1971年12月2日撮影
    教授陣に対して「水俣病患者放置の責任をとれ」とハンストする熊本大医学部生=熊本市で1971年12月2日撮影
  • 患者たちの自主交渉要求を拒絶していたチッソ側は、本社内への通路を閉ざした=1972年撮影
    患者たちの自主交渉要求を拒絶していたチッソ側は、本社内への通路を閉ざした=1972年撮影
  • スウェーデンで開かれた「第1回国連人間環境会議」。政府代表だけにまかせておけないとストックホルム市内で水俣病の被害を訴える患者の浜元二徳さん(左から3人目)と坂本しのぶちゃん(同4人目)=1972年6月6日、毎日新聞特派員団撮影
    スウェーデンで開かれた「第1回国連人間環境会議」。政府代表だけにまかせておけないとストックホルム市内で水俣病の被害を訴える患者の浜元二徳さん(左から3人目)と坂本しのぶちゃん(同4人目)=1972年6月6日、毎日新聞特派員団撮影
  • 胎児性水俣病患者の上村智子さんと両親=水俣市で1972年7月31日撮影
    胎児性水俣病患者の上村智子さんと両親=水俣市で1972年7月31日撮影
  • 「他人には預けられん」と16年間、胎児性水俣病患者の智子さんを自宅で介護する母親の良子さん=水俣市で1972年10月4日撮影
    「他人には預けられん」と16年間、胎児性水俣病患者の智子さんを自宅で介護する母親の良子さん=水俣市で1972年10月4日撮影
  • 水俣病訴訟最終弁論を迎え、熊本地裁前に立ち並んだ「怨」の旗=熊本市で1972年10月11日撮影
    水俣病訴訟最終弁論を迎え、熊本地裁前に立ち並んだ「怨」の旗=熊本市で1972年10月11日撮影
  • 市立リハビリテーションセンターでリハビリに取り組む胎児性・小児性水俣病患者ら=水俣市で1973年3月20日撮影
    市立リハビリテーションセンターでリハビリに取り組む胎児性・小児性水俣病患者ら=水俣市で1973年3月20日撮影
  • 熊本水俣病裁判(第1次訴訟)判決の朝、熊本地裁前で集会を開く患者支援グループ「水俣を告発する会」の会員ら。患者側が勝訴したが、「怨」の旗がひるがえり、手放しで喜ぶ人はいなかった=熊本市で1973年3月20日撮影
    熊本水俣病裁判(第1次訴訟)判決の朝、熊本地裁前で集会を開く患者支援グループ「水俣を告発する会」の会員ら。患者側が勝訴したが、「怨」の旗がひるがえり、手放しで喜ぶ人はいなかった=熊本市で1973年3月20日撮影
  • 預金通帳と現金を島田賢一・チッソ社長(手前)の前に積み上げ「もとの体に返せ」と詰め寄る患者たち=東京都千代田区のチッソ本社で1973年4月13日撮影
    預金通帳と現金を島田賢一・チッソ社長(手前)の前に積み上げ「もとの体に返せ」と詰め寄る患者たち=東京都千代田区のチッソ本社で1973年4月13日撮影
  • 胎児性水俣病患者の上村智子さんを抱き上げながら、父の好男さんから苦しみを聞く三木武夫環境庁長官=水俣市の坂本さん宅で1973年5月9日撮影
    胎児性水俣病患者の上村智子さんを抱き上げながら、父の好男さんから苦しみを聞く三木武夫環境庁長官=水俣市の坂本さん宅で1973年5月9日撮影
  • 水俣病の公式確認から40年。軌跡をたどる「水俣・東京展」がJR品川駅南口前の特設会場で開かれた。水俣病患者500人の「遺影」が並ぶ会場=1996年9月28日撮影
    水俣病の公式確認から40年。軌跡をたどる「水俣・東京展」がJR品川駅南口前の特設会場で開かれた。水俣病患者500人の「遺影」が並ぶ会場=1996年9月28日撮影
  • 水俣病関西訴訟判決で最高裁が行政責任を認め、原告(奥)に頭を下げる小池百合子環境相ら=2004年10月15日、環境省で佐々木順一撮影
    水俣病関西訴訟判決で最高裁が行政責任を認め、原告(奥)に頭を下げる小池百合子環境相ら=2004年10月15日、環境省で佐々木順一撮影
  • 「水俣病犠牲者慰霊式」で黙とう時に鳴らされた鎮魂の鐘=水俣市で2006年5月1日、木葉健二撮影
    「水俣病犠牲者慰霊式」で黙とう時に鳴らされた鎮魂の鐘=水俣市で2006年5月1日、木葉健二撮影
  • 50年前の写真とともに、記念撮影に臨む水俣病被害者たち=水俣市のエコパーク水俣親水緑地で2010年5月1日、和田大典撮影
    50年前の写真とともに、記念撮影に臨む水俣病被害者たち=水俣市のエコパーク水俣親水緑地で2010年5月1日、和田大典撮影
  • 水俣市を初めて訪れ、水俣病資料館の語り部らと懇談する天皇、皇后両陛下=熊本県水俣市の同館で2013年10月27日、代表撮影
    水俣市を初めて訪れ、水俣病資料館の語り部らと懇談する天皇、皇后両陛下=熊本県水俣市の同館で2013年10月27日、代表撮影
  • 1968年9月27日の紙面
    1968年9月27日の紙面
  • 1973年3月20日の紙面
    1973年3月20日の紙面
  • 1988年3月2日の紙面
    1988年3月2日の紙面
  • 2004年10月16日の紙面
    2004年10月16日の紙面
  • 2006年5月1日の紙面
    2006年5月1日の紙面
  • 2006年5月1日の紙面
    2006年5月1日の紙面

あわせて読みたい

注目の特集