メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

あいまいな県境(2008年12月掲載)

2枚目/15枚中

富士山(静岡・山梨) 山頂は静岡県?それとも山梨県? 日本一の名峰、富士山(3776メートル)は、山頂一帯が静岡県なのか、山梨県なのか今も決まっていない。東斜面の標高1800メートルあたりで県境がとぎれ、山頂をこえた西側まで約6キロにわたって境界があいまいなのだ。静岡が駿府国、山梨が甲斐国と呼ばれたころから境界がはっきりしないという。江戸時代にも大爆発があった活火山で山に近寄りがたかったことや、古くから霊山として信仰を集めていたことも関係しているようだ。静岡、山梨の知事が話し合ったこともあるが、結論は出なかった。「日本のシンボル」をめぐる綱引きは簡単には解決しそうもない。

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  5. 社説 菅原氏の贈答品問題 釈明するほど深まる疑惑

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです