メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

あいまいな県境(2008年12月掲載)

6枚目/15枚中

英彦山(福岡・大分) 霊場の頂で県境がとぎれる 福岡県と大分県にまたがる英彦山(1200メートル)は、羽黒山(山形県)、大峰山(奈良県)とともに山伏が修行した霊場として知られる。山の中腹に英彦山神宮(福岡県添田町)があり、山頂には神宮の上宮がある。添田町と大分県中津市が接する、この山頂付近の県境が約2キロにわたってとぎれている。富士山と同様、山そのものが古くから信仰の対象となっていたことが関係しているのだろうか。山伏の修験道場として有名な英彦山=1927年06月15日撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです