メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真特集

あいまいな県境(2008年12月掲載)

7枚目/15枚中

小合溜(東京・埼玉) 決め手なく、話し合いは中断 境界がはっきりしないところは都市部にもある。東京都葛飾区の都立水元公園と埼玉県三郷市の県営みさと公園の間にある「小合溜」(長さ約3キロ)の境界があいまいなままだ。小合溜は水害を防ぐために江戸時代につくられた遊水池。葛飾区、三郷市ともそれぞれの境界を主張するが、どちらも決め手はない。自然の豊かな小合溜を守ることで協力する一方、境界をめぐる話し合いは止まった状態だ。葛飾区が水質浄化に取り組む都立水元公園の小合溜(こあいだめ)施設=東京・葛飾区=1991年撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  4. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです