東武鉄道

26年ぶりの新型特急公開 4月21日から運行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/9]
  • 東武鉄道が公開した新型特急「リバティ」の車両=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前10時40分ごろ、木村健二撮影
    東武鉄道が公開した新型特急「リバティ」の車両=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前10時40分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 東武鉄道の新型特急「リバティ」の車両側面にデザインされたロゴマーク=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前10時50分ごろ、木村健二撮影
    東武鉄道の新型特急「リバティ」の車両側面にデザインされたロゴマーク=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前10時50分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 3両ずつ併結・分割できるのが特徴=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時5分ごろ、木村健二撮影
    3両ずつ併結・分割できるのが特徴=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時5分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 3両ずつ併結・分離できるのが特徴=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時10分ごろ、木村健二撮影
    3両ずつ併結・分離できるのが特徴=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時10分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 東武鉄道の新型特急「リバティ」の車両の内装。天井には鬼怒川や隅田川の流れをイメージした造形を施した=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時25分ごろ、木村健二撮影
    東武鉄道の新型特急「リバティ」の車両の内装。天井には鬼怒川や隅田川の流れをイメージした造形を施した=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時25分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 座席には各席1個ずつ電源コンセントを設けた。座席は「江戸紫」を配色し、伝統的な柄をあしらった=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時25分ごろ、木村健二撮影
    座席には各席1個ずつ電源コンセントを設けた。座席は「江戸紫」を配色し、伝統的な柄をあしらった=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時25分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 無料でインターネットに接続できる無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」も備える=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時35分ごろ、木村健二撮影
    無料でインターネットに接続できる無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」も備える=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時35分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 東武鉄道の新型特急「リバティ」の運転台=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時20分ごろ、木村健二撮影
    東武鉄道の新型特急「リバティ」の運転台=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時20分ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む
  • 東武鉄道の新型特急「リバティ」にある車椅子対応の多機能トイレ=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時半ごろ、木村健二撮影
    東武鉄道の新型特急「リバティ」にある車椅子対応の多機能トイレ=埼玉県久喜市で2017年1月27日午前11時半ごろ、木村健二撮影 記事本文を読む

あわせて読みたい

注目の特集