eye

ロヒンギャ、傷深く 村追われバングラへ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
[1/13]
  • 病院で横になるアノアナさん(22)。今も体に2発の銃弾が残り、「痛い、痛い」とつぶやきながら娘(手前)をあやしていた=コックスバザールで2017年10月5日、宮武祐希撮影
    病院で横になるアノアナさん(22)。今も体に2発の銃弾が残り、「痛い、痛い」とつぶやきながら娘(手前)をあやしていた=コックスバザールで2017年10月5日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 荷物をかつぎ、難民キャンプに向かうミャンマー少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の少年=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
    荷物をかつぎ、難民キャンプに向かうミャンマー少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の少年=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • ミャンマーの軍人に乱暴された娘(16)の手を握る母のファティマさん(上)。「ミャンマーには二度と戻りたくない」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
    ミャンマーの軍人に乱暴された娘(16)の手を握る母のファティマさん(上)。「ミャンマーには二度と戻りたくない」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 難民キャンプ内の狭い小屋で、コーランの読み方を学ぶ子どもたち=バングラデシュのコックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
    難民キャンプ内の狭い小屋で、コーランの読み方を学ぶ子どもたち=バングラデシュのコックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 斜面に立ち並ぶ難民のテント=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
    斜面に立ち並ぶ難民のテント=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 支援物資を受け取ろうと列を作る人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
    支援物資を受け取ろうと列を作る人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 井戸水を使って洗濯する女性たち=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
    井戸水を使って洗濯する女性たち=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 難民を乗せ転覆した木製の船の残骸が波打ち際に残されていた。目撃した地元住民によると、女性や子どもなど多くの人が亡くなったという=バングラデシュのイナニビーチで2017年10月3日、宮武祐希撮影
    難民を乗せ転覆した木製の船の残骸が波打ち際に残されていた。目撃した地元住民によると、女性や子どもなど多くの人が亡くなったという=バングラデシュのイナニビーチで2017年10月3日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 娘(右)を前に厳しい表情を見せる母のファティマさん(50)。「娘は恐怖と混乱で心を病んでしまった」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
    娘(右)を前に厳しい表情を見せる母のファティマさん(50)。「娘は恐怖と混乱で心を病んでしまった」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 支援物資の順番を待つ人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
    支援物資の順番を待つ人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 船に乗って避難する人たち。ミャンマー軍の目が届きにくい夜間に国境沿いを流れるナフ川を渡るケースが多く、対岸のバングラデシュに逃れた難民は早朝、歩いて難民キャンプへと向かっていく=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
    船に乗って避難する人たち。ミャンマー軍の目が届きにくい夜間に国境沿いを流れるナフ川を渡るケースが多く、対岸のバングラデシュに逃れた難民は早朝、歩いて難民キャンプへと向かっていく=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 支援物資を受け取るために手を伸ばす子どもたち=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
    支援物資を受け取るために手を伸ばす子どもたち=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 小さな橋を渡って避難するロヒンギャ難民=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
    小さな橋を渡って避難するロヒンギャ難民=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影 記事本文を読む
  • 病院で横になるアノアナさん(22)。今も体に2発の銃弾が残り、「痛い、痛い」とつぶやきながら娘(手前)をあやしていた=コックスバザールで2017年10月5日、宮武祐希撮影
  • 荷物をかつぎ、難民キャンプに向かうミャンマー少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」の少年=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • ミャンマーの軍人に乱暴された娘(16)の手を握る母のファティマさん(上)。「ミャンマーには二度と戻りたくない」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 難民キャンプ内の狭い小屋で、コーランの読み方を学ぶ子どもたち=バングラデシュのコックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
  • 斜面に立ち並ぶ難民のテント=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 支援物資を受け取ろうと列を作る人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
  • 井戸水を使って洗濯する女性たち=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 難民を乗せ転覆した木製の船の残骸が波打ち際に残されていた。目撃した地元住民によると、女性や子どもなど多くの人が亡くなったという=バングラデシュのイナニビーチで2017年10月3日、宮武祐希撮影
  • 娘(右)を前に厳しい表情を見せる母のファティマさん(50)。「娘は恐怖と混乱で心を病んでしまった」と話した=コックスバザールで2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 支援物資の順番を待つ人々=コックスバザールで2017年10月3日、宮武祐希撮影
  • 船に乗って避難する人たち。ミャンマー軍の目が届きにくい夜間に国境沿いを流れるナフ川を渡るケースが多く、対岸のバングラデシュに逃れた難民は早朝、歩いて難民キャンプへと向かっていく=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 支援物資を受け取るために手を伸ばす子どもたち=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影
  • 小さな橋を渡って避難するロヒンギャ難民=コックスバザール近郊で2017年10月4日、宮武祐希撮影

あわせて読みたい

ニュース特集