東京五輪聖火リレー

(毎日レガシーフォト アーカイブ)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
[1/36]
  • 採火式。凹面鏡に集めた太陽の光から採火した聖火をかかげ、ゼウスの神へ祈る主みこのカッツェリ夫人(手前右端)=ギリシャ・オリンピアのヘラ神殿跡で 1964年8月20日、橋本紀一特派員撮影 (採火式本番は非公開。前日に公開されたリハーサルで)
    採火式。凹面鏡に集めた太陽の光から採火した聖火をかかげ、ゼウスの神へ祈る主みこのカッツェリ夫人(手前右端)=ギリシャ・オリンピアのヘラ神殿跡で 1964年8月20日、橋本紀一特派員撮影 (採火式本番は非公開。前日に公開されたリハーサルで)
  • 聖火のトーチを掲げ、随走者を従えて走る聖火リレー第1走者のマルセロス選手=ギリシャ・オリンピアで 1964年8月20日、橋本紀一特派員撮影(前日のリハーサルで)
    聖火のトーチを掲げ、随走者を従えて走る聖火リレー第1走者のマルセロス選手=ギリシャ・オリンピアで 1964年8月20日、橋本紀一特派員撮影(前日のリハーサルで)
  • 聖火はニューデリーに到着。沿道から飛び出し聖火ランナーと一緒に走る子供たち=インドで 1964年8月28日、橋本紀一特派員撮影
    聖火はニューデリーに到着。沿道から飛び出し聖火ランナーと一緒に走る子供たち=インドで 1964年8月28日、橋本紀一特派員撮影
  • ニューデリー市内を聖火を手に走る女性走者のウェーク・フィールドさん=インドで 1964年8月28日、橋本紀一特派員撮影
    ニューデリー市内を聖火を手に走る女性走者のウェーク・フィールドさん=インドで 1964年8月28日、橋本紀一特派員撮影
  • 聖火はタイに到着。バンコク市内で聖火の中継をするリレー走者=タイで 1964年8月31日、橋本紀一特派員撮影
    聖火はタイに到着。バンコク市内で聖火の中継をするリレー走者=タイで 1964年8月31日、橋本紀一特派員撮影
  • 聖火歓迎式が行われる奥武山競技場に続々とつめかける那覇市民=沖縄・那覇市で 1964年9月7日、橋本紀一撮影
    聖火歓迎式が行われる奥武山競技場に続々とつめかける那覇市民=沖縄・那覇市で 1964年9月7日、橋本紀一撮影
  • 聖火が沖縄に到着し、那覇空港での式典の後、市内に向け走る第1走者の宮城勇さんと随走者。それを追いかける地元の少年たち=沖縄・那覇市内で 1964年9月7日、橋本紀一撮影
    聖火が沖縄に到着し、那覇空港での式典の後、市内に向け走る第1走者の宮城勇さんと随走者。それを追いかける地元の少年たち=沖縄・那覇市内で 1964年9月7日、橋本紀一撮影
  • 奥武山陸上競技場の聖火台に点火する宮城康次さん。競技場は3万5000人の市民でうまった=沖縄・那覇市で 1964年9月7日、鈴木久俊撮影
    奥武山陸上競技場の聖火台に点火する宮城康次さん。競技場は3万5000人の市民でうまった=沖縄・那覇市で 1964年9月7日、鈴木久俊撮影
  • 戦跡、麻文仁の丘を背にひた走る聖火ランナーの金城安秀さんと随走者=沖縄・糸満市で 1964年9月8日、橋本紀一撮影
    戦跡、麻文仁の丘を背にひた走る聖火ランナーの金城安秀さんと随走者=沖縄・糸満市で 1964年9月8日、橋本紀一撮影
  • 本土に向け出発するYS-11「聖火号」の機内に入る聖火=沖縄・那覇空港で 1964年9月9日、津川政二郎撮影
    本土に向け出発するYS-11「聖火号」の機内に入る聖火=沖縄・那覇空港で 1964年9月9日、津川政二郎撮影
  • 聖火は鹿児島に到着、トーチを高く揚げた第1走者の高橋律子さんと鹿児島高校の女子メンバー23人=旧鹿児島(鴨池)空港で 1964年9月9日撮影
    聖火は鹿児島に到着、トーチを高く揚げた第1走者の高橋律子さんと鹿児島高校の女子メンバー23人=旧鹿児島(鴨池)空港で 1964年9月9日撮影
  • 沖縄から空路運ばれた聖火は、宮崎市の平和台公園・平和の塔に設けられた聖火台に点火された。宵闇に炎が浮かぶと集まった2万人の観衆から歓声があがった=宮崎市で 1964年9月9日撮影
    沖縄から空路運ばれた聖火は、宮崎市の平和台公園・平和の塔に設けられた聖火台に点火された。宵闇に炎が浮かぶと集まった2万人の観衆から歓声があがった=宮崎市で 1964年9月9日撮影
  • 出迎えの自衛隊F86Dジェット機(最後尾は別機体)に囲まれ、千歳空港に向かう聖火を積んだYS-11「聖火号」=北海道千歳市内で 1964年9月9日撮影
    出迎えの自衛隊F86Dジェット機(最後尾は別機体)に囲まれ、千歳空港に向かう聖火を積んだYS-11「聖火号」=北海道千歳市内で 1964年9月9日撮影
  • 千歳空港で聖火を掲げる第1走者の笹野弘康さん。左は町村金五・北海道知事=北海道千歳市で1964年9月9日撮影
    千歳空港で聖火を掲げる第1走者の笹野弘康さん。左は町村金五・北海道知事=北海道千歳市で1964年9月9日撮影
  • 北海道コースの長万部―森間で、長万部町の花岡地区を南下する聖火。ランナーは若松さん=1964年9月14日撮影
    北海道コースの長万部―森間で、長万部町の花岡地区を南下する聖火。ランナーは若松さん=1964年9月14日撮影
  • 盛んな見送りの中、聖火を乗せて函館を離れる青函連絡船「津軽丸」=北海道函館市で 1964年9月17日撮影
    盛んな見送りの中、聖火を乗せて函館を離れる青函連絡船「津軽丸」=北海道函館市で 1964年9月17日撮影
  • 青森に向かう青函連絡船「津軽丸」のデッキで、聖火を掲げて走る北海道最終走者の小沼さん=1964年9月17日撮影
    青森に向かう青函連絡船「津軽丸」のデッキで、聖火を掲げて走る北海道最終走者の小沼さん=1964年9月17日撮影
  • 東北本線・青森駅のホームを走る聖火ランナー=青森市で 1964年9月17日撮影
    東北本線・青森駅のホームを走る聖火ランナー=青森市で 1964年9月17日撮影
  • 聖火は熊本から島原へ、「満船飾」を施した約500隻の漁船に迎えられ有明海を渡る聖火を乗せたフェリー=長崎県の島原外港で 1964年9月13日午後3時40分、本社機「オリオン号」から撮影
    聖火は熊本から島原へ、「満船飾」を施した約500隻の漁船に迎えられ有明海を渡る聖火を乗せたフェリー=長崎県の島原外港で 1964年9月13日午後3時40分、本社機「オリオン号」から撮影
  • 大群衆に埋まり、立ち往生する聖火=長崎市の長崎県庁前で 1964年9月14日撮影
    大群衆に埋まり、立ち往生する聖火=長崎市の長崎県庁前で 1964年9月14日撮影
  • 暮色迫る北九州市のメインストリートを走りぬける聖火。走者は江頭正さん=福岡県北九州市小倉魚町で 1964年9月17日午後5時15分撮影
    暮色迫る北九州市のメインストリートを走りぬける聖火。走者は江頭正さん=福岡県北九州市小倉魚町で 1964年9月17日午後5時15分撮影
  • 室戸岬突端を走る聖火=高知県室戸市で 1964年9月17日午前9時48分撮影
    室戸岬突端を走る聖火=高知県室戸市で 1964年9月17日午前9時48分撮影
  • 広島平和記念公園の原爆慰霊碑前から広島県庁に向かう聖火、走者は金行光則さん=広島市で 1964年9月21日撮影
    広島平和記念公園の原爆慰霊碑前から広島県庁に向かう聖火、走者は金行光則さん=広島市で 1964年9月21日撮影
  • 聖火を乗せ瀬戸内海を渡る「こんぴら丸」に随走する遊覧船や漁船=香川県の直島水道で 1964年9月21日、本社機から片山英一郎撮影
    聖火を乗せ瀬戸内海を渡る「こんぴら丸」に随走する遊覧船や漁船=香川県の直島水道で 1964年9月21日、本社機から片山英一郎撮影
  • 「こんぴら丸」のデッキから聖火の白煙が立ち昇る=香川県の直島水道で 1964年9月21日、本社機から片山英一郎撮影
    「こんぴら丸」のデッキから聖火の白煙が立ち昇る=香川県の直島水道で 1964年9月21日、本社機から片山英一郎撮影
  • 台風20号の影響で神戸から大阪まで、走者によるリレーは中止され聖火は自動車で運ばれた=兵庫県尼崎市の左門殿橋中継所で 1964年9月25日、奥田進晤撮影
    台風20号の影響で神戸から大阪まで、走者によるリレーは中止され聖火は自動車で運ばれた=兵庫県尼崎市の左門殿橋中継所で 1964年9月25日、奥田進晤撮影
  • 台風の影響で兵庫から大阪までの走者による聖火リレーが中止になり、代わりに「聖火の夕べ」が開かれ、走者たちが大阪プールのプールサイドをトーチを掲げて走った=大阪市北区で 1964年9月25日、谷田貝高幸撮影
    台風の影響で兵庫から大阪までの走者による聖火リレーが中止になり、代わりに「聖火の夕べ」が開かれ、走者たちが大阪プールのプールサイドをトーチを掲げて走った=大阪市北区で 1964年9月25日、谷田貝高幸撮影
  • 大阪府庁を出発し和歌山市を目指す聖火、後方は大阪城=大阪市で 1964年9月26日、本社ヘリから坂口喜三撮影
    大阪府庁を出発し和歌山市を目指す聖火、後方は大阪城=大阪市で 1964年9月26日、本社ヘリから坂口喜三撮影
  • 大勢の市民が待つ、天王寺駅前の中継地点に到着した聖火。一路和歌山市を目指す=大阪市天王寺区で 1964年9月26日、橋本紀一撮影
    大勢の市民が待つ、天王寺駅前の中継地点に到着した聖火。一路和歌山市を目指す=大阪市天王寺区で 1964年9月26日、橋本紀一撮影
  • 聖火は和歌山から奈良へ、刈り入れ前の稲田でお百姓さんも声援=和歌山県内の紀の川沿いで 1964年9月27日午前9時40分撮影
    聖火は和歌山から奈良へ、刈り入れ前の稲田でお百姓さんも声援=和歌山県内の紀の川沿いで 1964年9月27日午前9時40分撮影
  • 聖火は京都に入り、東本願寺前で聖火リレーの引継ぎが行われた=京都市で 1964年9月28日、本社ヘリ「かもめ号」から撮影
    聖火は京都に入り、東本願寺前で聖火リレーの引継ぎが行われた=京都市で 1964年9月28日、本社ヘリ「かもめ号」から撮影
  • 聖火は京都市から大津市へ、途中で平安神宮前を走る=京都市内で 1964年9月29日撮影
    聖火は京都市から大津市へ、途中で平安神宮前を走る=京都市内で 1964年9月29日撮影
  • 金沢市から富山県庁に到着した聖火。大勢の市民が出迎えた=富山市で 1964年10月1日撮影
    金沢市から富山県庁に到着した聖火。大勢の市民が出迎えた=富山市で 1964年10月1日撮影
  • 東京都庁に到着した第4コース(青森→岩手→宮城→福島→栃木→茨城→千葉→東京)の聖火=東京都千代田区で 1964年10月7日撮影
    東京都庁に到着した第4コース(青森→岩手→宮城→福島→栃木→茨城→千葉→東京)の聖火=東京都千代田区で 1964年10月7日撮影
  • 集火式で4コースの聖火を一斉に点火する実行委員。左端はギリシャのカッツェリ夫人=東京都千代田区の皇居前広場で 1964年10月9日撮影
    集火式で4コースの聖火を一斉に点火する実行委員。左端はギリシャのカッツェリ夫人=東京都千代田区の皇居前広場で 1964年10月9日撮影
  • 東京オリンピック開会式。聖火リレーの最終走者の坂井義則さんが聖火台へ駆け上がり、オリンピックの火を日本に灯した= 1964年10月10日、出版写真部撮影
    東京オリンピック開会式。聖火リレーの最終走者の坂井義則さんが聖火台へ駆け上がり、オリンピックの火を日本に灯した= 1964年10月10日、出版写真部撮影

あわせて読みたい

注目の特集