メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

23枚目/37枚中

被爆から1年の広島。福屋屋上では花柳舞踊研究生による広島復興小唄の舞踊練習が行われていた。背後は、爆心地相生橋方面。バラックが建ちはじめている。隣の建物は、商工組合中央金庫広島支所。画面奥左から住友銀行広島支店、芸備銀行本店、千代田生命広島支社、広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)、日本赤十字社広島支部、広島県商工経済会。路面を走る電車の姿も見える=広島市胡町(現広島市中区)で1946年7月24日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  5. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです