メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

25枚目/37枚中

被爆から1年の広島市内で建設が進むバラック。「更科第三支店」や「旅館」などの看板を出しているものがある。左から千代田生命広島支社、広島県産業奨励館(現在の原爆ドーム)、本川小学校、日本赤十字社広島支部、広島県商工経済会など。紙屋町交差点には電停が見え、南や東に向かう電車の姿が確認できる。中央左寄りに建築資材等を運ぶための仮設レールとトロッコが見える=広島市東魚屋町(現広島市中区立町)の商工組合中央金庫広島支所屋上から西に向かって撮影1946年7月24日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  3. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです