メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

27枚目/37枚中

被爆から半年の広島。紙屋町電停に止まっているのは、福島橋手前で被爆した400形413号(1945年11月復旧)で、「己斐」行きの表示が出ている。交差点の中心には戦前・戦中にもあった電車信号所の建物が簡易な形で再建され、有人でポイントの切り替えなどをしている。画面奥に福屋旧館と新館が見える。右端の電車は、401号、402号、417号以外の400形=広島市紙屋町(現広島市中区)の紙屋町交差点から東に向かって撮影1946年2月8日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです