メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

3枚目/37枚中

被爆から1年の広島駅駅舎の屋上から南に向かって撮影(3枚つなぎ)。写真中央の更地となっている場所(松原町下の段)を中心に広がっていた露店の闇市は立ち退きが実施され、1946年7月5日に移転が完了。新たに広島郵便局(広島管理部)前広場に木造平屋で460余店を収容する民衆マーケットを建設し、9日に開設式があった画面奥左側から、広島市信用組合猿猴橋支所、住友銀行東松原支店、比治山、猿猴橋、旧新見商店、鉄道病院ボイラー棟、広島東警察署、中国新聞社、福屋新館など。画面左側中央に電車1両(650形のおそらく652号)と線路の工事をしている様子が見える。建築資材を運ぶトロッコがあり、近くに敷石が立てて並べてある。上下線ともプラットフォームができており、車両の左側にはクロスの渡線も。その後ろ手の通りには、「小金寿司」、「朝日書房」、映画(「カサブランカ」1946年6月20日日本公開)、「氷」などの看板がみえる。中央の通り沿いには「日本通運株式会社サービスステーション」「民衆マーケット」「華蓬亭」などの看板が見える=広島市松原町(現広島市南区)で1945年7月24日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです