メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

31枚目/37枚中

被爆から半年の広島。広島城本丸西側輜重兵補充隊(輜重兵第5連隊)跡に建設が進む簡易住宅(住宅営団の越冬住宅)。手前右側に見えるのは、ボイラーと高射砲の残骸か。住宅の奥には、小姓町需品倉庫の焼け残った防火壁が見える。罹災者のための公的な住宅建設が計画されたが、資材不足で実現は困難を極めた=広島市基町(現広島市中区)で1946年2月8日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです