メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

31枚目/37枚中

被爆から半年の広島。広島城本丸西側輜重兵補充隊(輜重兵第5連隊)跡に建設が進む簡易住宅(住宅営団の越冬住宅)。手前右側に見えるのは、ボイラーと高射砲の残骸か。住宅の奥には、小姓町需品倉庫の焼け残った防火壁が見える。罹災者のための公的な住宅建設が計画されたが、資材不足で実現は困難を極めた=広島市基町(現広島市中区)で1946年2月8日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです