メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

32枚目/37枚中

被爆から1年の広島・基町に建設された簡易住宅(2枚つなぎ)。手前は住宅営団の簡易住宅。左奥は十軒長屋の市営住宅。住宅不足のため焼けトタンで雨露をしのいでいた市民は、完成を待たずに入居したという。南東に向かって。右奥から原爆ドーム、広島県商工経済会、中国配電本店、広島瓦斯本社、広島護国神社参道入口鳥居、千代田生命、住友銀行、芸備銀行本店、福屋新館・旧館、中国新聞社など。住宅横の道を歩く母娘と思われる3人が写る=広島市基町(現広島市中区)の広島城本丸西側本川側(輜重兵補充隊)跡付近で1946年7月24日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです