メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島原爆アーカイブ

原爆投下から半年後と1年後 市民を捉えた25枚

8枚目/37枚中

被爆から半年の広島駅前。駅舎は、被爆により正面に取り付けられていた張り出し2階の待合室と出札室(1943年4月完成)が倒壊し、えぐられたような跡が残っていたが、正面の装飾、窓枠等が修繕され、ひさし等も取り付けられている。屋根にはスピーカーのような装置が整備されている。1946年1月10日にパターソン米陸軍長官が広島を視察した際の警備上の理由から露店の闇市が南側に移動し、駅前がすっきりした。右手前は乗り合いバスに乗り込む人々。広島駅の本格的な復興は1949年から始まる=広島市松原町(現広島市南区)で1946年2月8日ごろ

おすすめ記事

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです