メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

鎮魂と記憶の継承 各地で祈り

16枚目/26枚中

震災で祖母を亡くした茨城県つくば市のツアーコンダクター、白石美貴子さん(55)。震災時、イタリアに仕事で行っていて翌日パリで震災を知り号泣した。神戸市中央区の自宅近くに住む祖母が被災し、日ごとに衰弱していったという。「震災のことは忘れることはできない。その年に2人の兄に子どもが生まれ、彼らの成長を見るたびに震災からの年月を感じています」と語り、雨の中、竹灯籠に火をともした=神戸市中央区の東遊園地で2018年1月17日午前6時15分、貝塚太一撮影
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです