メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災23年

鎮魂と記憶の継承 各地で祈り

16枚目/26枚中

震災で祖母を亡くした茨城県つくば市のツアーコンダクター、白石美貴子さん(55)。震災時、イタリアに仕事で行っていて翌日パリで震災を知り号泣した。神戸市中央区の自宅近くに住む祖母が被災し、日ごとに衰弱していったという。「震災のことは忘れることはできない。その年に2人の兄に子どもが生まれ、彼らの成長を見るたびに震災からの年月を感じています」と語り、雨の中、竹灯籠に火をともした=神戸市中央区の東遊園地で2018年1月17日午前6時15分、貝塚太一撮影

おすすめ記事

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  4. 投票済み証明書でコーヒー無料 新潟県議選の「投票割」に市選管が異議
  5. 千葉 「記憶ない…」私立高副校長が泥酔し女湯に侵入

編集部のオススメ記事

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです